経済

COVIDが募集イベントを制限するにつれて生き残るために苦労する日本大学クラブ





群馬大学ラクロスクラブ創設者のアイダマサユキ(左の背景)が、2022年5月7日、高崎の高崎市立経済大学の境内で高崎市立経済大学の女子ラクロスチームと共同主催したデモイベントで見ることができます。 (Mainichi /川内隆志)

MAEBASHI – 日本の大学クラブとサークルは、コロナ19ファンデミックのためにコロナウイルスが最初に日本を襲った2020年春以降、これらのグループの募集活動に障害物が発生し、生存のために苦労しています。

東日本にある群馬大学は2019年ファンデミック以前に180の学生グループからサークル活動の通知を受けたが、今年は151個に減った。 学校の学生支援部門は、大学が毎年5人以上の会員などの特定の基準を満たすクラブやサークルに活動通知を提出するように依頼していると述べています。 しかし、過去2年間、この部門は学生グループから一連の解散通知を受けました。

例えば、ある奉仕団は2020年4年生のみ会員に加入し、新入生募集に失敗し、卒業と同時に2021年3月に解散した。 2022年1月には、会員数の減少により、二重オランダのサークルも解体されました。

大学は2020年4月7日、東京と大阪を含む7つの都道府県に発表された最初のコロナウイルス緊急事態に対応して、すべての課外活動を禁止しました。 学校に入学し、上級生はソーシャルメディアとZoomに切り替え、新入生をサークルに招待するしかなかった。

2020年6月から最初の感染の波が沈んだ後、群馬大学は感染防止措置を実施し、活動報告書を提出するグループに対する課外活動許可を再開しました。 しかし、感染派が続いてきており、新入生たちがサークルやサークルに滞在しにくくなった。 学生支援と関係者によると、大学は大学のウェブサイトに情報を提供することによってこれらの学生団体を支援したが、学生主催者は「活動の活性化と感染予防方法の両方を考慮しなければならない状況」が続いた。

逆境にもかかわらず、一部の学生はサークル活動のために情熱的に働いています。 群馬大学3年生の児田雅之(21)は、学校に入学した2020年4月に一人で男ラクロスサークルを創立した。 2021年の冬まで、彼は1人のクラブを11人のサークルに成長させることに成功しました。

しかし今年、Aidaのラクロスサークルはたった一人の1年生の学生も歓迎できませんでした。 コロナ事態に加え、群馬大学生たちは学科によって2年目から群馬県桐生市と太田市キャンパスに通学しなければならないなど県庁所在地である前橋を拠点とするサークル活動にまた別の障害となっている。

AidaはMainichi新聞に「新入生はもともとサッカーやバスケットボールのような人気のあるスポーツクラブに加わる傾向があるので、マイナースポーツをするクラブは(新会員確保)難しいと言いたいです」と話しました。

それでもアイダワ所属クラブは「ゴールデンウィーク」連休期間の5月7日、高崎市立経済大学女子ラクロスチームと一緒にラクロス試験行事を開催し、これも新入会員募集に苦労している。 今回の行事には群馬大学新入生が一人も参加しなかったが、高崎市立経済大学新入生4人が参加した。

Aidaは、「私は群馬(県)の他の大学と一緒にラクロスに対する誇大宣伝をしたいと思い、これらのイベントが群馬大学に新入生を誘致できることを願っています」と述べました。

(日本語原稿:高橋川一、Maebashi Bureau)

READ  ソフトバンク新料金は、最終的な後出しじゃんけんだ。 ahamo、基号、UQの前面対抗(シノ純也) - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close