世界

Covidワクチン:インドは世界10大バイヤーのいずれかであるが、まだ十分な場所がありません。

政府は、少なくとも2億5,500万回以上のCovid-19ワクチンを購入しました。 Duke Global Health Innovation Centerのデータ、インドは世界でワクチンバイヤー上位10位以内に聞きました。 しかし、その注射は14億の人口の8%に過ぎません。

保健省によると、火曜日現在、インドでは、1億4,770万回に渡ってコロナ19ワクチンを投与した。 その中240万個日だけ与えられた省は言った。

多くのショットのように聞こえるが、インド 1人当たりのワクチン接種率が低い、米国と英国の69人に比べ100人11回投与のみ 私たちのデータの世界によると、
インドはCovishieldとして知られているOxford-AstraZenecaワクチンとBharat Biotechと政府が運営するIndian Council of Medical Research(ICMR)が共同で開発した独自開発したCovaxin 2つのワクチンを国内で管理しています。 4月中旬にインドは、ロシアのスプートニクVワクチンを承認した。 1億ドス注文 その9月。
大流行前に、インドは、一般的に全世界で販売されているすべてのワクチンの60%以上を生産しました。 世界最大のワクチンメーカーであるSerum Institute of India(SII)の本拠地であり、膨大な製造能力を備えた、インドの主要企業に COVAX、低所得国の割引や無料線量を提供するグローバルワクチン共有イニシアチブ昨年発表された最初の契約に基づいてSIIは、最大92カ国に最大2億回を製造することです。
しかし野生 インド第二の感染の波 その計画を妨害しました。 危機に直面し、政府とSIIはワクチンの供給からCOVAXの焦点を自宅で自分の市民を優先することで切り替えている。

5月1日から18歳以上のすべての居住者は、予防接種を受けることができます。 民間ワクチンプロバイダーもワクチンを販売して管理することができます。 しかし、主長官は、より多くの人々が資格になっても、ワクチンが十分でないと警告しました。

外交部によると、4月28日現在、インドは全世界の国に合計6,600万個のワクチンを輸出した。

READ  「熱ボタンに唾 "恐怖のコロナテロウル画策する白人至上主義者たち、ロシアの組織と共同で「軍事訓練」も| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close