スポーツ

COVID事例の増加に広島での聖火リレー

この夏、東京でオリンピックを開催するために努力する主催者は、今週のCOVID-19大流行に関する別の問題を経験しました。

オリンピックの聖火リレーは、広島で全国的にコロナウイルスの事例が急増するにつれて、距離で行われており、そのうちのかなりの部分は、まだ非常状態です。

これは、レポートによると、ここ数週間の間にリレーの少なくとも六キャンセルまたはパスの変更です。

有ジョッキー広島知事は「私たちのすべてが外出を削減しようとしているので、公共の通りでリレーがないことが確実で距離のリレーなく行事をする方法はまだ主催の議論中です。」と述べた。

象徴的な聖火リレーが3月25日、日本の北東部で始まりました。 レポートによると、リレーは、7月23日の開幕式を完了する前に、全国を巡る約10,000人のランナーが運営している。

東京オリンピックのためのより多くのCOVID問題

広島のリレー変更は、最近数週間の間に組織委員会のコロナウイルス感染症に関連する最新の問題を表示します。

日本は火曜日の午後から大流行が始まって以来、647,000件以上のコロナウイルス感染事例があります。 は、ほぼ11,000人が死亡しました。 人口の約2%だけが予防接種を受けました。

日本は先月、東京を含む日本の大部分の第三の緊急事態を宣言しました。 その緊急状態は、火曜日に終わる予定だったが、月末まで延長されました。

月曜日に国にも出荷されます。 物流で出荷するにはあまりにも “難しかった」からです。 彼は広島での聖火リレーに会う予定でした。

多くの人が日本と全世界の他の地域ではまだ流行している大流行にオリンピックを開催するのか疑問に思い始めました。 、日本人の60%-80%が、最近の世論調査でオリンピックを完全に延期またはキャンセルしなければならないと言いました。

「もちろん、私はオリンピックが開かれるしたいと言いたい。 なぜなら、私は運動選手だからです。 それは私が一生待っていたことです。」大阪 。 「しかし、私は特に、昨年に多くの重要なことが行われていると思います。 予期せぬことが多く発生したと思います。 それが人々を危険にさらす人々を非常に不快にさせた場合、明らかに議論する必要があります。 今すぐだと思います。」

Yahoo Sportsの詳細情報:

READ  WEリーグ、タイトルパートナーでYogibo、放送者DAZN歓迎

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close