トップニュース

COVID患者に曝露された日本の入学試験受験者は、試験場所にタクシーに乗ることができます: gov’t



2020年11月11日、東京千代田区で撮影したこのファイル写真の左側に文部科学省の本部が見える。 (毎日/大久保明)

日本が本格的な修能シーズンに入り、教育部がコロナ19患者と密接に接触した受験者たちに対して特定の条件から試験場までタクシーを利用できるようにすることに決めた。

この決定は1月7日、日本全域の教育委員会と大学に伝達された。 教育省は、2021年12月28日、オミクロンの亜種を含むウイルスに感染した人々と密接に接触した人々を高い場所に座ることができるように決定した。 他の受験者と異なる部屋での学校や大学の入学試験。 ただし、症状がなく、PCR検査が陰性の場合にのみ検査を受けることができます。

教育省はまた、これらの受験者がタクシーを含む試験場まで公共交通機関を利用することを禁止しました。 しかし、一部の受験者は、自家用や試験場に行くことができる他の手段を利用できないことがあり、教育部は、彼らがタクシー、自家用レンタカー、受賞タクシーを利用できるようにすることを決めた。 ただし、感染管理を徹底し、予約時にコロナウイルス患者と密接に接触したことがあることなどを車両運営者に明確に明らかにしなければならない。

交通部はまたタクシー会社を自ら見つけられない人々のために相談窓口を設けた。 受験者が助けを求めると、従業員が地元の交通局に案内し、試験場所に連れて行くことができる会社を探します。

(東京市ニュース部大久保明の日本語オリジナル)

READ  日本、ウイルス事例の急落にも観光中断を維持

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close