世界

COVID – 関連炎症症候群としてICUに入院した4歳の少年

シンガポールのKK女性と子供の病院。 (写真説明:Scencap / Googleストリートビュー)

シンガポール – 現在まで子供に関連する多施設炎症症候群(MIS-C)症例が4件発生し、土曜日(11月6日)基準で4歳の少年がCICU(Children’s Intensive Care Unit)に入院しました。 。

メディア声明では、保健省(MOH)は少年の呼吸が機械換気でサポートされていると述べた。 彼は11月1日、KK女性および子供病院(KKH)CICUに入院しました。 食薬処は「彼は先立って9月24日、コロナ19確定判定を受けたことがある」とし「KKH小児科チームが積極的に管理している」と話した。

MOHはそのような症例はまれであると考えられ、小児MIS-Cの4件は、流行開始後にシンガポールで観察された8,000件以上の小児COVID-19症例の1つであると付け加えました。

MIS-Cは川崎病に似ています。 後者はさまざまなウイルスまたは細菌感染症に関連しており、シンガポールで年間150〜200人の子供に発生します。 MIS-Cの症状は呼吸困難とともに3日以上38.5℃以上の持続的な発熱。 頭痛; 首の腫れ; 発疹; 腫れた手と足。 結膜炎; 下痢そして腹痛。

また11月3日、KKH一般病棟に入院した2ヶ月の女児がいる。 彼女は以前10月12日にCOVID-19感染でKKHに入院し、10月19日に退院しました。 赤ちゃんの状態は安定しており、酸素要件がないと保健省は言いました。

その他の場合は次のとおりです。

  • 10月16日、国立大学病院(NUH)集中治療室に入院した3歳。 彼はPCR陰性を繰り返しテストしたが、血清検査はMIS-Cが発症する2〜6週間前にコロナ19に感染した可能性があることを示した。 その後回復して10月23日に退院した。

  • 10月27日、KKH集中治療室に入院した8歳の少年。 彼は以前9月30日にCOVID-19感染診断を受けました。 その後回復して11月1日に退院した。

2020年5月、MOHは、26カ国の国際レビューで、COVID-19に感染したすべての子供のうち、MIS-Cの発生率が0.14%(10,000人のうち14人)と報告しました。

外出先でも最新情報を確認する:Yahoo SingaporeのTelegramチャンネルに参加してください。 http://t.me/YahooSingapore

READ  アフガニスタン、信任状紛争後の国連での発言していないこと

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close