経済

COVID-19の影響が引き続く中、日本の第2四半期の経済反騰は微弱する可能性

  • reuters:// realtime / verb = Open / url = cpurl://apps.cp./Apps/econ-polls?RIC = JPGDA%3DECI GDP調査
  • 消費不振を相殺するための信頼できる設備投資
  • 新しいカーブ、感染急増クラウド回復見通し

東京、8月6日(ロイター) – 堅調な輸出と資本支出がコロナ19大流行による消費打撃を一部緩和し、日本経済が年初の急激な落ち込みから第2四半期に小幅回復するとロイター調査が示した。 。

しかし、アナリストは、拡張された緊急事態の抑制と感染の復活が家計支出に負担を与えるため、世界第3位の経済規模が低迷から抜け出す他の先進国よりも遅れなることが予想します。 続きを読む

Dai-ichi Life Research InstituteのシニアエコノミストであるYoshiki Shinkeは「第1四半期の大きな収縮で反発が多くないでしょう。データは、経済が引き続き低迷していることを示すものだ」と言いました。

彼は「コロナ19の拡散抑制と感染急増、夏の間、消費が萎縮し、7〜9月の状況は大きく改善されないだろう」と述べた。

ロイターが調査したアナリストによると、暫定国内総生産(GDP)のデータによると、経済は第1四半期の3.9%落ち込みの後、4〜6月に年間0.7%成長した。 四半期ベースでGDPは0.2%増加する可能性があるとの調査は明らかにした。

昨年大流行による投資の遅れを挽回するためにメーカーが支出を増やしたため、資本支出は1.7%増加すると予想される。

保健危機がサービス支出を続け圧迫しながら消費は0.1%減少したが、下げ幅は前四半期の1.5%の減少よりも小さかった。

輸出が堅調な状態を維持しているのに対し、輸入は海外出荷よりも多く増加するにつれて、外部需要が成長率を0.1%ポイント下げた可能性が高いとの世論調査で明らかにした。

政府は8月16日(2350GMT、8月15日)の午前8時50分にGDPデータを発表します。

別のデータによると、7月の卸売インフレ率は前年同期比5.0%に達すると予想され、これは原材料コストの上昇が企業利益率に打撃を与えているという信号です。

データの締め切りは8月12日午前8時50分(2350GMT、8月11日)です。

日本の第1四半期の経済萎縮は伝染病撲滅のための活動の抑制が消費を打撃することにより、第3四半期ぶりに下落しました。 続きを読む

強力な世界的な需要が輸出と資本支出を増加させたが、世界的なチップの不足は、自動車の生産を妨害し、日本のメーカーの見通しを曇らせた。

大和証券の岩下匹シニア市場エコノミストは「輸出と生産量の増加傾向が鈍化していると見られる」と述べた。

「チップ不足が予想よりも長く続く場合は、日本の工場の生産量が少しの変動を経験することができます。 “

Leika Kiharaの報告Shri Navaratnamの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  CPTPP:イギリス、オーストラリア、カナダ、日本を含めた自由貿易協定に参加要請| 政治ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close