エンターテインメント

COVID-19チャレンジに証明された台湾の – 日本の関係:特使

泉宏保、日本 – 台湾の交流協会の代表は金曜日コロナ19ファンデミクが提起した課題は、政府主導のキャンペーンではなく、暖かい個人結束に根ざした、台湾と日本の真の友情を示したと述べた。

IzumiはCentral News Agencyとのインタビューで、特に伝染病の中で、両国の人々の間の深い絆が「非常に大事だ」と言いました。

彼は東京オリンピックが、これらの結束の良い例だと述べた。 大流行による困難にもかかわらず、台湾が日本を支持しながら大会を開催したと彼は言った。

写真:CNA

大会期間中、日本と台湾も、両チームの選手たちを応援して応援して「常に仲間」であることを見せてくれた」と語った。

さらに、台湾のオリンピックチームは、グローバルプレーヤーのための “ホストタウン」に志願した日本の都市に最も人気があったと述べた。

28都市が台湾をサポートするために、他のどの国よりも多くのサポートを申請しました。 このプログラムは、選手たちに試合前のトレーニング施設を提供し、文化や経済交流を主催しました。

重量挙げ、バドミントンのに続いて、 “台湾の大会で三番目の金メダル」と述べた。

Izumiは「日本 – 台湾の関係は、全世界のすべての国がうらやましい」親善の循環」を表します。」と言いました。

泉はまた、6月4日、台湾に120万個のコロナ19ワクチンを寄付した後、日本 – 台湾の交流協会の氾濫した花と手紙を回想し、「圧倒感」を感じたと述べた。

Izumiは彼に最も深い印象を与えた感謝の手紙の中で次のように言いました。

日本政府は、アストラゼネカコロナ19ワクチン334万本を寄付しており、4次、約6万4000回分を供給する予定だと金曜日に発表した。

「私たちは良い隣人が困ったときなければならないことをしただけです。」とIzumiが言いました。 「そのような感謝の気持ちがなんとなく恥ずかしい。」

Izumiはまた、台湾のCOVID-19制御措置を賞賛しながら、政府が問題を処理し、虚偽の情報を抑制することにより、透明性と開放性のレベルに深い印象を受けたと言いました。

来年は日本と台湾が1972年の国交断絶以来50年になる年だ。

彼は「ファンデミクが落ち着けば、今年末までに、両国の友好を記念する大規模なイベントを開催することを望む」と述べた。

泉は「2022年は、日本と台湾の100年の友情のターニングポイントになるだろう」と述べた。

コメントが検討されます。 記事に関連するコメントを維持してください。 悪口とエッチな言語は、すべての種類の個人攻撃や広報が含まれているコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終的な決定は、台北タイムズの裁量によります。

READ  日本の共演者たちと一緒に東京で撮影した中国映画、中国でヒット:朝日新聞

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close