理科

COVID-19ワクチン、日本の65歳未満のすべての同時利用が可能

日本で65歳未満の人のためのコロナウイルスワクチンの接種は、プロセスの速度を上げるために基礎疾患がある人と同時に行う必要があると、保健省が日曜日明らかにした。

田村ノリ久厚生労働福祉長官は「基礎疾患のある人はすべての優先接種を受けるまで待つ予防接種がいつ完了するか分からない」と話した。 公営放送NHKで放映。

まず予防接種を受ける資格がある人々は、政府が正確にどのように多くの人が資格があるかのデータがないため、独立して、地方自治団体に報告してください。

日本の予防接種プログラムは、医療従事者を対象に、2月に開始され、4月には65歳以上に拡大しました。 政府は7月末までに、高齢者の予防接種を終えた後、基底疾患の予防接種を経て、最終的に一般人を対象に予防接種をする計画だ。

しかし、政府は、人口の6%だけが少なくとも1回接種を受けたことが他の国に遅れ国のワクチン発売速度を高めようとします。 医療システムはまだ緊張した状態で、東京、大阪、その他の7つの県のCOVID-19緊急事態が金曜日に6月20日までの3週間延長されました。

Tamuraは、地方政府が65歳未満の資格がある人々に予防接種を準備して基礎疾患のある人を優先したいと言いました。

中央政府はまた、発売をさらに加速するために、5月に日本で承認された米国の製薬会社Moderna Inc.のワクチンを職場で投与することを検討していると述べた。

自衛隊要員が運営する大規模なCOVID-19の予防接種センターは開院一週間後の月曜日から本格的な運営を開始して、一日最大接種回数を東京で1万、大阪で5000に増やす。

現在65歳以上を対象とする同センターは、首都圏約900万人と大阪、京都、兵庫の西の3つの県には約470万人の人々が利用することができます。

現在9つの県最近10県で追加された沖縄にまたがる緊急事態は、感染状況に基づいて6月20日に期限切れ前に解除することができますが、「状況に応じて継続措置を取らなければならない。 復活を防ぐためにオフにしました。」とTamuraが言いました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  宇宙飛行士が今後Crew-2 ISSミッションについて説明します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close