技術

COVID-19ワクチン寄付が欠かせない、ユニセフの5つの理由-Technology News、Firstpost

今日開始3日 47回G7サミット 会議は6月13日まで継続されます。 今年開催国は、英国でコーンウォールのCarbis Bayで開催されます。 7人のグループには、英国、米国、カナダ、日本、ドイツ、フランスおよびイタリアが含まれます。 EUは、すべての議論にゲストとして参加します。 米国、日本、イタリアの首脳が就任して以来、最初の首脳会談です。

毎年、様々な国が参加するように招待され、今年はオーストラリア、インド、韓国、南アフリカの指導者が参加されます。 それほど 手議題 サミット:ワクチンと配布、伝染病と気候行動からの回復。

サミット数日前、ユニセフは30人の著名人、親善大使たちと一緒に 公開書簡を書いた G7国に。 手紙は、彼らに彼らが持っている余剰ワクチンを寄付するために要求しています。 ユニセフはまた、これらの国を超え寄付を寄付することが重要な5つの理由を記載しました。

によると、 ユニセフ、5月末までに14億個以上のCOVID-19ワクチンが投与されました。 しかし、全世界のワクチン供給の1%未満が低所得国に達しています。 豊かな国で確保された十分な量が貧困国の脆弱な生活を保護するために使用することができます。

G7諸国と欧州諸国が6月、7月、8月にワクチン供給量の20%を寄付すると、まだ市民にワクチンを接種することができます。 エア被ティ(Airfinity)の分析によると、彼らは必要な人に1億5千万個以上の線量を共同で寄付することができるとします。

余剰国のCOVID-19ワクチンの寄付は、COVAXイニシアチブを通じて助けが必要な他の人々を助ける実用的なソリューションです。 世界のすべての人々が、できるだけ早くワクチンへのアクセスを可能にする実質的な答えです。

SAR-CoV-2ウイルスのより致命的な亜種が存在する可能性は、ウイルスが長く広がるほど増加します。 この新しい亜種が既存ワクチンに免疫になる可能性は常に存在し、治療法も効果がないことがあります。 一部の国では、成人のワクチン接種を進めているが、他の国では、2次または3次ウイルスの急増を目撃しています。 これウイルスを制御することが重要である理由です。

伝染病は 独占 ほとんどの医療従事者の時間とエネルギー。 病院でさえも増加する事例を処理することはできません。 そしてコロナウイルスが拡散されている間、人々が適切な治療や予防接種を受けることができないので、他の予防可能な病気が増加しています。 癌、HIV / AIDSやその他の生命を変える病気のような病気に苦しむ人々でさえも、薬を受けずにいます。 貧困国と低所得国の人々にワクチンを接種することにより、医療システムは、他のサービスを再起動することができます。

READ  悪い振動:ノナ湖、日本の技術会社、日立と監視契約締結

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close