経済

COVID-19が緩和さに応じて、日本のレストラン、バー、酒飲みを歓迎します

台風の風と雨は、最新のCOVID-19緊急事態が解除された後、レストランが酒を販売して後で営業を続けることができようになり、金曜日に東京でよりお祝いすることができた雰囲気を弱体化させた。

日本はほぼ6ヶ月の間に、全国の施行された制限を慎重に緩和しています。 東京の新しいCOVID事例は金曜日に合計200件で、医療システムを危機に陥れた感染性デルタの亜種によって駆動された5番目の波の中で、8月の一日5,000件以上の急激に減少しました。 https://www.reuters.com/world/asia-pacific/pandemic-fatigue-complicates-japans-covid-fight-risks-recovery-delay-2021-08-18制限は、モビリティを減らし、感染を鈍くするためのものです。 特にサービス部門の相互作用がより困難でした。

主流卸売業者であるSasaki Co.の社長であるMinoru Sasakiはファンデミク期間中、お客様の約20%がドアを閉じるし、人々が今のレストランで再びお酒を飲むことができるようになったこと安藤たました。 “私は本当に幸せ!」 Sasakiは緩和について言いました。 「従業員が業務復帰を楽しみにしている。これまでになってチェトドンダイエットをどのようにしなければならないという話をしている。みんな肯定的に考えており、大変だ。仲良くなる」

大小企業は雨のシートのように下したにも金曜日から酒飲みを歓迎する準備をしています。 ビール注文ジャンプ

Suntory Holdings Ltdはビールを通過病気注文が先週に比べて金曜日まで230%増加したと発表した。 キリンホールディングス(Kirin Holdings Co)と札幌ホールディングス(Sapporo Holdings Ltd)が運営するビアホールは、プラスチック仕切り、空気質測定器とパーティーあたり人数制限などの強化された感染制御にバックドアを開きました。 しかし、事例が本当にされて完全に予防接種を受けた日本人の数が人口の60%に達したとしても、(米国の水準より高い)、公衆衛生の専門家は、この冬に反発し、日本を別の緊急事態にすることができると懸念しています。

和田告知国際保健福祉大学公衆衛生と教授は「ギンギン緊急事態の後、今日から外出をしたい人が多くなるほど、高速反発につながる可能性がある」と述べた。 東京。 続いて「このような反発は、ワクチンがないとき、約3週間以内に発生する傾向があり、ワクチン接種が行われた今、その時間を超えてどのようにするかを見て、11月頃状況が悪化する可能性を警戒することがカギだ」と語った。 、 “彼は付け加えた。

今日から、いくつかの自主制限は維持されます。 レストランとバーは、午後8時まで酒類を販売して午後9時にドアを閉じるように求められました。 政府は、予防接種またはCOVID-19検査の状態を確認するシステムを実装するシステムを実装して、これらの制限を追加で解除することができると述べたが、計画の詳細については、まだ残っています。 スケッチ。

ファンデミク期間中、日本はヨーロッパとアメリカで課された商業と旅行のための過酷な閉鎖を回避し、大衆の遵守を得ようとする強力な要求と社会的圧力に主に依存していました。 しかし、すべての人が一緒に演奏することはありません。 映画「キル・ビル:ボリュームI」のモチーフになったレストランを含めて43個のレストランを運営するグローバルダイニング(Global-Dining Inc)が東京政府を相手に訴訟を提起した。 営業時間と酒類販売に制限を置こうと試みたことについてrestaurant-operator-shocked-by-pressure-eateries-over-covid-19-2021-07-09。

長谷川幸三最高経営責任者(CEO)は、制限の緩和について「特別な措置を取らない」と述べた。 「私たちは、ショッピングモールのレストランを除いては、いつものようにレストランを運営しています。 ”

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  NVIDIAの「GeForce RTX 3060 Ti」がデビュー、価格は税込54,780円 - AKIBA PC Hotline!

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close