トップニュース

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス):今から始めるMicrosoft Azure>第10回仮想マシンの管理、設定、リモートアクセス(3)| 朝日新聞デジタル&M(アン・M・)

※運送会社から提供された企業や団体などのプレスリリースを原文のまま掲載し、朝日新聞社が取材・執筆した記事がありません。 お問い合わせは、各情報源にお願いします。

CTC教育サービスは、コラム「今から始めるMicrosoft Azure>第10回仮想マシンの管理、設定、リモートアクセス(3)」を公開した。
###

1.はじめに

こんにちは。 株式会社くださいラボの小沢です。 前回のコラムでは、仮想マシンを作成した後、新しいディスクを追加する方法を説明しました。 Azureポータルでディスクの追加操作ではなく、仮想マシンへのSSHでログインでマウントコマンドを実行する必要がどこに点でした。

さて、今回は、仮想マシンの作成後に発生しやすい変更に仮想マシンのIPアドレスを固定する方法とサブネットマスクを設定する方法について説明しましょう。

2.仮想マシンのIPアドレスを固定する

仮想マシンを作成するときに、パブリックIPアドレスとプライベートIPアドレスが自動的に割り当てられます。 割り当てられたパブリックIPアドレスは、仮想マシンを停止して、「割り当て解除」状態にして開放されて起動したとき、ほぼ別のIPアドレスに変更されてしまいます。 仮想マシンにWebサービスを構築し、提供するような場合は、パブリックIPアドレスが変更されるたびに、DNSドメインとパブリックIPアドレスの紐接続を登録する必要が出てきます。 また、アクセスログなど、多くの場合、IPアドレスが記録されます。 このように、IPアドレスが途中で変更されてしまうと、現実的な運用に支障が出る場合もありますので、IPアドレスの固定化を行うことが良い場合もあります。

(1)パブリックIPアドレスの固定化

Azureの仮想マシンでパブリックIPアドレスの固定は、次のように行います。

まず、Azure管理ポータル(https://portal.azure.com)を開き、仮想マシンを選択し、「ネットワーク」のところにあるパブリックIPアドレスのリンクをクリックします。

このスーツは、以下を参照してください

https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/ozawa4/ozawa410.html


READ  NEWS加藤成亮、小山慶一郎が新型コロナ感染 - ジャニーズ:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close