経済

Daikin、新しいAC装置およびグローバル計画にCOVID嵐克服

OSAKA-日本の大手エアコンメーカーであるDaikin IndustriesはCOVID-19大流行にも弾力を維持しています。

同社は3月末11年ぶりに売上高と利益が減少したと報告したが、結果は最初の予想よりもはるかに良かった今年の営業利益が13%増加すると予想した。 アナリストは、会社の強みを自分の弱点を認識し、迅速に変更する能力にあると回します。

ダイキングループの営業利益は、2020年度に2,386億円(21億7000万ドル)で、前年比10%減少したが、これは主に景気低迷によるホテル、レストラン、その他の商業施設で使用されているエアコンの需要が低迷したためです。 5月中旬の実績ブリーフィングで戸川正則社長兼CEOは、「世界的に活動しているダイキンに伝染病の影響は非常に深刻だった」と話した。

Daikinは、最初に、営業利益が40%減少すると予想している。 これにより、Togawaは計画を変更して、減少をわずか10%で停止しました。 ひどい予測を発表してからの収益と販売予測を4回生成します。

投資家は好意的な反応を見せ、1月中旬Daikinの時価総額を7兆円に記録した。

Daikinの商業エアコンの需要は大流行に急減したが、日本では住宅の住宅がよく売れました。 ヨーロッパと中国でも売上が安定的に維持されて、米国およびその他のアジア地域の需要不振を相殺しました。

Daikinが記録的な収益を上げた日本では、主要な住宅モデルのUrusara Xが換気をしながら冷却、保温、加湿または除湿を行うことができますので、COVID-19感染を避けようとする消費者の間で人気を獲得しました。

以前に会社はエアコンの換気機能にほとんど関心を払っていないが、他の機能を実行しながら、同時に換気することができるモデルで勝者を見ました。 この機能を従来モデルから積極的にマーケティングすることDaikinが急激割引を避けるのに役立ちました。

ウールサラXに使用される技術は、企業がお金を失った家庭用エアコン事業から撤退する直前の1990年代に開発されました。 アナリストと他の人が、プラグを抜いてという頻繁な要求にもかかわらず、当時の社長兼現会長である井上敬之は堅固ました。 「人々は、壁で運転するとき、真の技量を示しています。」と彼は従業員に言いました。 DaikinのUruru Sararaシリーズ – 業界初の水がない加湿室エアコン-1999年にデビューしました。

ダイキンが逆境をチャンスに転換したのは今回が唯一のものはありません。 2008-2009年のグローバル金融危機の間に会社の製品に対する需要が “蒸発”したが、Daikinは、災害を使用して、ビジネスを再整備しました。 それが発見したのは燃焼式暖房が標準的なヨーロッパでエネルギー効率の高いヒートポンプのための潜在的な需要でした。 ヒートポンプは、周囲の空気の熱を主要なエネルギー源として使用するため、他の加熱装置だけ多くの二酸化炭素を排出しません。

欧州が環境にもっと関心を持つようになり、Daikinのヒートポンプは、補助金を受けることができようになり、最終的に大流行期間中の売上高が増加しました。

金融危機はまた、Daikinに中国市場の可能性を認識しました。

ダイキンは日本に最後に中国に進出したエアコンメーカーの1つであったが、高度な消費者に焦点を当てて、現地メーカーであるZhuhaiのGree Electric Appliancesとパートナー関係を結んでの売上高が堅調でした。

会計年度2020年に中国でDaikinのエアコン販売は前年比7%増の約3,277億円で世界的な金融危機当時の約2倍にしました。 中国が今の主要市場になってDaikinは、米国、欧州、中国、日本およびアジア – オセアニアの残り地域間のバランスを遂げ、それぞれ全体の売上高の15〜25%に貢献しています。

DaikinのUrusara Xエアコンは換気中冷房、保温、加湿または除湿を行うことができます。

それにもかかわらず、Daikinは伝染病が容易でなかった。

封鎖のような緊急措置がとられると、会社は、複数の地域や製品カテゴリの調達や生産データを統合するシステムがなかったため、サプライチェーンを監視することができませんでした。 「私たちは、2次と3次サプライヤーで何が起こっているか知ることができませんでした。」と同社関係者が言いました。

これにより、Togawaは過剰在庫を防止するために、サプライチェーンを継続的に監視することができる情報システムを統合するプロジェクトを主導しました。

Daikinは2021会計年度に営業利益が13%増の2700億円とCOVID以前の水準に戻ってくることを期待します。 リーマンショックから回復するために、4年かかったが、Togawaは、今回ははるかに速い回復を目指します。 「去年の秋に予想していた二つのではなく、1年以内に伝染病以前の水準に戻っています。」と彼は言いました。

しかし、課題はたくさんあります。 米国の住宅着工は堅固ですがCOVID-19は、インドやその他のホットスポットではまだ深刻な脅威です。 熱交換器やその他の部品に使用される銅の価格は投資資金の流入により、10年ぶりに最高レベルです。 材料価格が上昇し、Fujitsu Generalと他の競争相手は、慎重な見通しを固守している。

2024年に100周年を迎えるダイキンは2018会計年度に記録された2,762億円の収入をそれまで突破することを希望します。 COVID-19がまだ世界の多くの地域を握りしめている中、今年はその目標を達成するための鍵となるでしょう。

READ  400個のプールを満たすことができる、日本の放射能水が海に落ちることができます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close