トップニュース

Day – マスターズチャンピオン松山、日本で5打差で勝利

千葉 – マスターズチャンピオン松山英樹(Hideki Matsuyama)は日曜日に行われたPGAツアージョジョチャンピオンシップ(Zozo Championship)で9百5つのホールでバーディー3つを記録し、18回目のイーグルを保持する5打差の勝利しました。

松山は、以前に一度しか試していなかったが、故国である日本で初めてPGAツアーで優勝しました。 タイガー・ウッズは、2019年に日本初のPGAツアー大会である第1回早朝チャンピオンシップ(Zozo Championship)で優勝し、昨年には、コロナ19旅行制限大会をカリフォルニア州に移した。

松山は習志野カントリークラブで合計65打15アンダー265打を打った。 彼の7番目PGAツアー優勝だった。

疑いの余地があった場合松山はパー5の18番ホールでセカンドショットで約12フィートまでスリーウッドを打ってイーグルパットを成功させた。

ホームトーナメントで優勝したことが、いつだと思うかとの質問に松山は通訳を介して「おそらく18歳で二番目のショットをしたことです。おそらくそれクリンチャーだったようです。」と言いました。

彼は「この国でも、日本のファンの前優勝することが私の最大の目標の一つであった」とし「これを達成することができてとても嬉しい。また、2019年にタイガーがマスターズで優勝し、日本に進出した。早朝チャンピオンシップで優勝をすることになって私もその姿を見たことができようになって嬉しいです。」

アメリカ人は10アンダー2位に上がった。 Brendan Steeleは66、Cameron Tringaleは69打を打ちました。

Tringaleは18番ホールまで松山市を2打差で撒きたが、日本選手のイーグルとアメリカの選手の表示が5打クッションを作った。

「私は、いくつかのリスクを取る必要があった、残念ながら結果が良くなかったが、16個の非常に良いホールをプレーし、その日がその日でした。」とTringaleが言いました。

全英オープンチャンピオンのコリン森川(Collin Morikawa)は、最終ラウンドで69打を打って松山市に10打差でリードされた。

東京オリンピックチャンピオンであるザンダーショーペレ(Xander Schauffele)は、68を打って同率を記録し、リッキー・ファウラー(Rickie Fowler)は2連続71打を打って3オーバーを記録した。

Schauffeleは「同じ経験がなかったよく遊ばもなかったが、閉鎖とCOVIDルールにもかかわらず、ここにいるのが楽しかったです。ここでは、家族の数人を見本当に素敵でした。それらを見ることができる絶好の機会が生じて私には輝く瞬間でした”

アジアのスイングでPGAツアーの唯一のストップは、世界ランキング上位20位のうち3人に過ぎません。

READ  日本の富士フイルム、会社が早期結果発表後、東京取引に飛び込む

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close