Daymare: 1994 Sandcastleは、レジデント・イブルインスピレーションに応えるために、より深く掘り下げる必要があります。

Estimated read time 1 min read

私はDaymare: 1994 Sandcastleの存在にインスピレーションを与えたレジデント・イブルシリーズによって惹かれた長い影よりも悪い環境を考えることはできません。 私がプレイしたデモに関するすべては、単調な廊下を這う探検からマイナーなランニングと銃器アクションに至るまで、歴代最高のサバイバルホラーゲームの一部を安く模倣したように感じられ、レジデントイブル後のこのごろにはさらにそうです。 4リメイクの世界。 悪いことに設定を除いて、Capcomのゾンビホラー傑作と区別されることはほとんどありません。 第20分のデモは、世界を構築したり、望ましいキャラクターを設定するのに十分な時間ではなかったので理解できます。 この作品と一緒にした時間についてもっと見たい動機を与えませんでした。

IGNが1年前にこのゲームの最初のプレビューを持っていたとき、FEAR衣装を着たレジデントイブルレプリカのように見え、すべてのアイテムチェック、パズル解決、クリープシューティングを行うように見えました。 サイエンスフィクションにインスパイアされた政府の準軍事料金で着用したことを除いて、凍結ガントレットなどのユニークな秘密の技術で完成しました。 このビルドではそのうち何も得られませんでした。 代わりに、私は忘れられない伝説のアイテムに根ざした初歩的なドアパズルを解き、沼地標準の3人称シューティング武器を使って敵を倒しました。 デモはDaymareのベストを尽くしません。

HADESという国土安保部ストライキチームの一員であるReyesの立場となり、あなたはセクション8の行方不明のメンバーを探すために、損傷した政府施設の暗い廊下をスグマニー通過する任務を引き受けることになります。 建物自体は非常に一般的で乾いた。 、そして90年代のコンピュータプログラムスタイルの非常に簡単なドアパズルで唯一の優れた個性を持つ科学-y。 デモが終わる頃、巨大な地下室に不思議に停泊した巨大なタンカーや壁から開かれた神が知っているところへ行く光る導管とともに、すべてが可能性を見せ始めます。 しかし、それと満足のいく相互作用はありません。

IGNが1年前にこのゲームのプレビューを公開したとき、FEAR衣装を着たレジデントイブルレプリカのように見えました。


実際には、散乱弾薬とマップの次のセクションのロックを解除する断続的なボタン以外には、まったく相互作用がありません。 最初に鍵を見つけるためにインベントリで検査する必要がある項目を拾いますが、そのような検査が必要な他の項目はありません。 Reyesの手袋には、コンピュータと物理的に対話することなくコンピュータからデータを取得できるスキャナが付属していますが、使用できるのは単なるチュートリアルです。 Daymare:1994が密集した環境とそれを探索する多くの理由の観点から、ジャンルの大物と競争したい場合は良い出発ではありません。

状況が熱くなり始めると、モンスターが現れます。 脅威は、殺された兵士と科学者の復活した死体ではなく、彼らを再び生き返らせる知覚力のあるエネルギーボールということです。 唾液を流すグールの1つを下に置くと、体からボールライトが消え、所有する他の体を見つけることができます。 これは理論的にはとても素敵なことに違いありませんが、実際には私が悪役に初めて会った時だけ要因となりました。 少数の人々が容易に派遣されるために廊下を飛び降り、最後に私をドアまで追いかけてくる群れと戦わないように勧められた唯一の他のセクションは、最初の出会いが提案します。 また、これが唯一の敵タイプであることは役に立ちません。

これがDaymare:1994 Sandcastleの第一印象だとしたら、他の作品にあまり興味がないようです。 このゲームがこの少しのぞきの境界の外でより多くを提供することを知っているので、私がプレイしたほとんどすべてがどれほど残念だったにもかかわらず、私の楽観論をある程度鮮やかに保つことができます。 他の場所で見ることができる興味深く見える能力が目立たなくても、この20分分で持っている道具を持って遊ぶ機会はほとんどありませんでした。 今リリースされたレジデントイブル4リメイクが最終リリースされる前に、Daymareがより深く掘り下げるようにインスピレーションを与えてくれることを願っています。

READ  「オリジネータープロフィール」技術、日本メディアの支持を得る
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours