トップニュース

DCのTidal Basinになぜ日本提灯がありますか?

ワシントンの年次桜祭りが開催されるので、この週末Tidal Basinから17世紀の石灯の伝統的な照明を見るために観客が集まるでしょう。 オンライン。 しかし、炎は、日本の歴史と文化のこの特異な象徴で最も興味深い部分とは距離が遠い。

東京市場は1954年に米国にランタンを与えたが、その表面は、はるかに長い歴史によって深い風化を受けました。

日本政府は、元の1920年代にランタンを送る計画だったが、両国関係が冷却し、最終的に戦争につながり、アイデアが保留された。

展示の敵が前後同盟国になった後、最終的にランタンが1954年3月に到着した。

[Satellite images capture D.C.’s cherry blossoms at peak bloom]

米国国務省の元日本事務局長兼長い期間 日米社会 of Washington DC “日本人は…私たちがそれらを助けた方法について、米国では非常に感謝しています。 [World War II]、我々は虐待的な勝利者ではありませんでした。 そこで、日本国民に大きな感謝の気持ちがあった、彼らは私たちをサポートしました。」

1954年3月30日、日本大使井口貞夫の娘井口達郎鼻が干潟枝の近くにある石灯を明らかにしています。この提灯は、東京支社が米国国民に伝えて1954年3月30日に奉献された。 。 (国立公園管理公団)

石は非常に古い話を聞かせてくれます

ランタンは、17世紀半ばの日本人徳川家光の葬儀のために作られました。 将軍、 1868年明治維新前世紀の間、日本列島を統治した鉄拳軍事指導者の一人は皇帝を意識の所有者で、実際の権力に昇格しました。

彫刻のほとんどすべての平方インチが話を聞かせてくれます。

READ  高校サッカーの最後の準V青森山田広島南との最初の戦い...結合決定 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close