スポーツ

DeNAオースティンに漂う「史上最強」の期待ラミレス監督は言う「大きな衝撃」| Full-Count

DeNAは4日、横浜スタジアムで行われた中日戦で9-3で勝利、連敗を4で止めた。 前日中日と変わって4位に転落していたが、この日はタイラーオースティン内野手が3本塁打6打点を叩き出し、一日で3位に浮上した。

DeNAタイラーオースティン[사진 : 아라카와 유우지]

7月に脳震盪とホイップで約1ヶ月半の離脱」完全治るまでには時間 “

■DeNA 9-3中日(4日・横浜)

[PR]NPB11球団の試合を徹底中継DeNA前ならば「DAZN」「最初の一ヶ月無料キャンペーン」実施中

DeNAは4日、横浜スタジアムで行われた中日戦で9-3で勝利、連敗を4で止めた。 前日中日と変わって4位に転落していたが、この日はタイラーオースティン内野手が3本塁打6打点を叩き出し、一日で3位に浮上した。

最初に中日先発松葉を攻撃して神里ソトの連打で右無事1,2塁の状況で3回に入ったオースティン初球を左中間スタンドに運んだ。 3回、先頭打者として打席に入ると、今度は6球粘った後、最後は外側の高い直球をとらえ、1回目と同じ位置にぶらさがった。 また、7回には1死1塁の状況で中日3番目・吉村が投げた内角低いシュートをバックスクリーン右に移した。

「今日は完璧な一日だった」と回顧したラミレス監督。 特に評価したのが、オースティンの3発目だった。 「そのホームランが一番良い内容だった。インコースのボールをインサイドアウトのスイングで反対方向に本塁打数はすごい」と技術の高さを強調した。

8回途中1失点で8勝目を記録したヌキにお立ち台に立ったオースティンは、「万歳!」と日本語で喜びを表現。 「最近、チームも自分の状態も良くなかったが、自分の打撃に勝つことができてうれしい」とファンの声援に応えた。

開幕前からラミレス監督が「前例のないレベルの成績を残すことができる選手」と期待する人材であるが、ここまでの出場は40試合にとどまった。 頻繁故障に苦しんで9月5本塁打を放ったが、月間打率は.125に振るわなかった。 「最後の数週間の間に性能がよくないというのは、自分でもわかっていた」とオースティン。 「普段でも常に強く振ってコンタクトしようと努力した」と、自分の打撃を貫いた。 その結果、3本塁打は指揮官の外国人選手を把握相馬眼を証明するものだった。

故障が多いのは、体力的な問題だけではない。 外野守備で果敢にダイビングキャッチを試みてフェンスを恐れていないプレイが要因も。 7月31日、甲子園で行われた阪神戦右翼の守備フェンスに激突脳震盪とホイップ症状で約1ヶ月半戦線離脱を余儀なくされた。

選手生命にも影響をすることもでき、事故をオースティンは、「大変な困難な時期だった」と回想」完全治るまでには時間がかかることが知られている」と、その影響はまだ続いている。 それでも「良い時もあり、悪い時もあると思う」と静かに言った後、「今日は良い日だった」と、日本初の1試合3本塁打を喜んだ。

“努力は常にハッスル姿勢を見せている」とオースティンに感謝したラミレス監督は「今日の結果から分かるように、パワーと技術は、あなたが知っているように。そして、より着実に成績を残すことを期待している」と注文も付ける。 「彼がラインナップにあればないことは大きく異なる。チームへの影響も計り知れないものがある」と指揮官の絶対的な信頼を受ける「史上最強の傭兵 “候補の真価を見せる機会はまだ27試合ある。

(大久保泰伸/ Yasunobu Okubo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

READ  巨人原監督「最後に非常に悔しい」の所有者のレポート - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close