Designart Tokyoで疎外された素材で働く日本デザイナー

Estimated read time 1 min read

流木製の家具、何千もの木彫りの「ドレス」、畳の樹脂で3Dプリントされたランプは、Designart Tokyoのハイライトの一部でした。

日本の首都全域で開催される第7回 デザインアート東京 家具、照明、オブジェだけでなく、芸術、インテリアデザイン、ファッションを披露する100以上の展示会を披露しました。

これは、日本での大流行旅行の制限が完全に解除された後に初めて開かれる「一般的な」Designart Tokyoイベントでした。

Miru DesignのDesignartの共同創設者であるAkio Aokiは、「私たちは長いトンネルを離れています」と述べた。 しかし、国際的な参加の余地がより多かったのに対し、このイベントは主に地域創作者に焦点を当て、主に地元の貿易と大衆の注目を集めるように見えました。

都市の主要地域に散在し、主要な展示会の広報機械なしでDesignart Tokyoは、政府の資金なしで作業しながら、巨大な都市で可視性を生み出すべき課題に直面しています。

Klein Dytham ArchitectureのDesignart共同創設者Mark Dythamは、Dezeenに「これは「自分のものをもたらす」イベントです」と述べました。

New Horizo​​n展はSuzy Annettaによってキュレーションされ、地域の文化交流を目指しました。 アジア太平洋地域に焦点を当てたデザインマガジンDesign Anthologyの編集長であるAnnettaは、日本だけでなく中国、香港、韓国、台湾など周辺国の家具や製品をテーマ別に集めました。

展示スペースは、多くの既存の家具ショールームやファッションショップを含む様々な場所の所有者が利用できるようにした。

ショッピングモールやデパートからギャラリーや鉄道アーチまで、様々な若者の日本デザイン人材の作品が展示され、Designart Tokyoは30歳未満のデザイナー5人を支援し、彼らのアイデアを披露しました。

このような場所のあちこちには、捨てられたり放置された材料と工程を持って作業する日本デザイナーがたくさんありました。 そのうち7人の作品を読んでください。


Daiki Tadoの写真とトップ写真

自然と養育 – 大北

日本の海岸線を訪れるデザイナー ダイキタド 海岸に沿って溺れてきた流木や様々な程度の腐敗に興味を感じました。 波に落ちるだけでなく、虫に食べられて時間が経つにつれて淡い色に変わっていく森の木目は、海の新しい特性と質感に変わりました。

東京ミッドタウンで、Tadoは発見された流木彫刻で作られた様々な色のスツールとベンチを披露しました。 彼はまた、自分のプロセスを説明するためにサンプルの断片を見せましたが、断面を切り取る前に木に1つの色を適用し、2番目の色を適用して、完成した材料が流木として認識されにくくなるプロセスを説明しました。

Tadoは実験的なデザイン集団のメンバーです。 マルチ標準


ナカサとパートナーの写真

21B Studioのインク養材プロジェクト

東京ミッドタウンでデザイナー3人組が誕生しました。 21Bスタジオ – 有村大次郎、有岡翔太郎、小林由也 – 印刷業界で発生する繊維廃棄物で作られたワンタイムの書籍や芸術作品を披露しました。

デザイナーたちは印刷所を訪れたときにゴミ箱に溜まっている緑豊かな布を見て魅了されました。 このような不織布は、印刷機のカラープレートを以前に清掃して作業間に残ったインクを吸収するために使用されてきた。 デザイナーは捨てられた布で発見されたパターンの「偶然」の美しさに魅了されました。

彼らは捨てられた生地から選ばれた財団を編集し、芸術作品と本として展示しました。 彼らの意図は、将来、いくつかのパターンを生産生地に変えることを探求することです。


写真: 林正幸

We+のリフォーム

日本デザインスタジオWe+は、東京の水産市場とスーパーマーケットで収集した廃ポリスチレンフォームで全体を作った家具を披露しました。

A New Horizo​​n展示会でアップサイクリングされたものの一部として展示されたスタジオは、全体がフォームで作られたトーテム状のコンソールとスツールを披露しました。

このプロセスには、デザイナーがリサイクル施設内で家具を製造し、まだ暖かく可鍛性のまま溶けたポリスチレンの塊を金属モールドに直接しっかりと包装するプロセスが含まれます。

We+は、一般的に、複数の国の複数のプロセスを含む材料の複雑なリサイクルプロセスをブロックしながら、使い捨てポリスチレンに価値を追加することに興味があります。


ナカサとパートナーの写真

久美子道子(鈴木舞)

若いデザイナー 鈴木舞 Axisの建物のJidaデザイン博物館にある古いランプとドレスのシルエットを模倣した彫刻コレクションを紹介しました。

彫刻は、釘や接着剤を使わずに小さな木彫りを組み立てて作る古代日本の木工技術である久美子を使って手作りされています。

鈴木は大学2年生の時にこの技術に触れ、日本で唯一完璧な球形の久美子を作れる職人を見つけました。 彼女はそれができる二人目になるまでユニークなスキルを研究しました。

その後、旧久美子のすべての部品を3Dでモデル化し、開発したデータベースを使用して部品の設計を計算しました。 このデータベースを使用して、彼女は木彫りと3D印刷彫刻を組み合わせて作られたドレスのような新しい表現形式を開発しました。 伝統的な職人技と現代の技術を組み合わせて、消えていく久美子の技術を復活させました。


ナカサとパートナーの写真

豊島リキヤとショムタキの国境

西武渋谷デパートストーリーの空きスペースに展示された2人のデザイナー ポット デザイン集団, 豊島りきや そして タキショム余剰中空ポリカーボネート製の家具を披露しました。

透明で軽くて強い素材は、通常、ドアと窓のガラスの代わりに使用されます。 しかし、各固定具はカスタムメイドであるため、生産中に捨てられるサイズが一定ではない彫刻がたくさんあります。

デザイナーはこの余分な材料をスツール、スクリーン、照明、テーブルの製造に使用される均一な幅の薄いボードに加工しました。 彫刻は、内部建築においてガラスを接着するために使用されるコーキング材料で一緒に固定された。


写真:穂乃果

音とムカリ – 鈴木りょう

このペンダントランプとテーブルは、捨てられた畳を粉にして生分解性樹脂と混合した素材で作られました。 その後、畳樹脂は3D印刷され、見ている角度によって表情が変わる「編み」半透明構造を作ります。

このデザインは 鈴木りょうで開発した他のインテリアアイテムで補完されました。 ほのか、製品デザイナーのグループです。 Tatami ReFabプロジェクトは、現代の日本で魅力を失いながら伝統的な畳の材料に新しい意味を与えることを目指しています。


写真提供:新都あつし

新都敦史の過剰ダスト

デザインアートギャラリーで展示されるグループ展の展示デザインは 新堂あつし。 展示で紹介された家具、照明、アクセサリーだけでなく、ディスプレイスタンドと再生アクリルパネルで作られた空間パーティションにも関心が集まっています。

コロナ19大流行の大量消費遺物である複数のアクリルパネルを一緒に積み重ねてモノリシック透明台座を作りました。

各台座の最上層には、Shindoが開発した工程であるアクリル片を熱圧着して作られた不透明シート材料がありました。 また、放棄されたアクリルシートを活用して格子状のスペース仕切りを開発しました。

全体的に今回の展示会では10トンの再生パネルが使用され、大流行以降倉庫に保管された巨大な廃棄アクリル在庫量のごく一部のみが倉庫に保管されました。

Designart Tokyoは10月20日から29日まで東京全域の様々な場所で行われました。 建築やデザインの分野でより多くのイベント、展示会、講演を見るには、Dezeenイベントガイドをご覧ください。

READ  日本が芸術のハブになるための租税構造再調整
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours