スポーツ

Diving-JapanのTerauchiはメダルを再び抜け出しながら、将来を熟考します。

東京、8月3日(ロイター) – 火曜日に行われた男子3mスプリングボード決勝で最後に決勝に進出したオリンピックダイビングメダル獲得にまた一回失敗した後、6回オリンピックに出場した日本の寺内健(Ken Terauchi)が自分の未来を考慮していると述べた。

40歳のTerauchiが最後のダイビングを終えてプールから出てきたときTokyo Aquatics Centerの観客は歓声と拍手を送った。

Terauchiは記者たちに「拍手を介して、オリンピック選手、コーチ、スタッフなど、様々な人々で構成されているという事実を悟りました。」と言いました。

彼は12人のダイバーのうち最下位を行い、ぎこちなくボードから脱し、第3のダイビングで重要なスプラッシュを作って決勝で最も低い点数である29.70点を獲得しました。

寺内は「もちろんメダルを取れず、気に障ったりしましたが、何よりも拍手喝采をいただき、気持ちが良かった」と話した。 「感動だよ。ずっと挑戦して嬉しい。」

ほぼ25年の間に、祖国を代表してきたTerauchiは日本選手としては最も多くの大会に出場するため乗馬選手のTaizo Sugitaniとタイです。

Terauchiは「来年に世界選手権があり、その結果が、その翌年の2024年にパリオリンピックのために考慮されるもう一つの大会があるので、私は無限ループにあるようです」と目標にするかどうか尋ねた質問に言いました。 2024年に彼の7番目のオリンピックのために

Terauchiは「私はそれについて真剣に考えるべきです。」と言いました。

しかし、今ではお祝いのであれば、一杯を手に入れる考えだけだった。

東京でYuki NittaとRicha Naiduの報告; エド・オズモンド編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  [동영상]角田裕毅アルファ乗ったちホンダF1シートフィット[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close