DJソーダ、日本歌謡祭書セクハラ・推行

Estimated read time 1 min read

OSAKA – 人気韓国歌手DJソーダが日曜日、日本で行われた大阪ミュージックサーカスフェスティバルで公開された後、「衝撃と怖さ」を感じたと話しました。

ハードダンスとヒップホップの調和と若々しい舞台ペルソナで有名な彼女は月曜日ソーシャルメディアに「10年間DJ生活をしながらこのような経験をしたことがない」と書いた。

本名がファン・ソヒ(35)の彼は英語、韓国語、日本語で当時の状況を説明した。

彼女は次のように述べています。 その瞬間、突然、多くの人が私の胸に触れ、彼らに速水無策でセクハラを受けた」と話した。

続いて「このようなことが起こったというのが信じられないほど恥ずかしくて恥ずかしい」と付け加えた。

別の投稿で、DJソーダは、自分が露出が激しい服を着たと非難するネチズンたちに反撃した。

彼女は「どんな服を着てもセクハラと暴行は正当化できない」と書いた。

「私は私が着たいものを着る自由があり、誰も服を着る方法で人を判断することはできません。 私の体は他人ではなく私のものです。 露出が激しい服が好きで、今後も着続けるだろう」と話した。

ミュージックフェスティバル主催側トライハードジャパン(TryHard Japan)は火曜日の声明を通じてこの事件に反論した。

刑務所通信は「犯罪行為」を糾弾し、加害者に対して損害賠償を請求して告発する計画だと明らかにしたと、刑務所通信が報道した。

刑務所通信は「被害を受けたDJソーダに最大限の支援を惜しまない一方、今回の卑劣な犯罪の責任者を究明し、民・刑事上法的措置を取る予定」と伝えた。

READ  シンシナティの平野、ECHL今週の選手に選定
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours