技術

DJI Mini 2予約した?サイズはそのまま飛行距離が3倍になって4Kビデオのサポート| ギズモ・ジャパン

ドローン飛ばしてみたいけど、航空法、または面倒ですよね…という方に朗報朗報!

本体重量が200g未満のDJI Mavic Miniの後継機として新たに登場したDJI Mini 2そんな方に最適なソリューションです。 サイズはそのまま伝送距離が長くなって4K動画にも対応しました。

外観デザインは、以前のモデルから大幅に変わらず199gの重量(US版では249g)、折り畳みローターはそのままです。

一方、内容は様々な改良が加えられていて、新しいモデルは、DJIの「OcuSync 2.0伝送技術」を搭載し、送信機と機体の間の安定した長距離接続を可能にしています。DJI Mini 2最大伝送距離は6kmで、以前のモデルと比較すると、伝送距離が3倍に増加した。モーターもアップグレードして飛行時間が18分に伸び、最大風速抵抗10.5m / sを実現しています。 (US版飛行時間は最大31分)

12万画素、1 / 2.3インチセンサーのカメラと3軸ジンバルを搭載JPEGとRAWの両方の撮影が可能れました。 動画撮影機能が強化され、100Mbpsで最大解像度4K / 30fpsの動画を撮影することができます。 また、Mini 2には、2倍のロスレスズーム(デジタルズームと組み合わせると、最大4倍)も搭載されており、遠くの被写体にも柔軟に迫ることができます。

また、新しい撮影モードも追加されました。 従来の螺旋(渦巻きのように被写体の周りを旋回しながら空中に上昇)ロケット(カメラを下に向けた被写体を握ったまま、すぐに上昇)、ワン(一定の高さと一定の距離で被写体の周りを回って)などに加えて、ブーメラン(被写体の周りをブーメランのように楕円形を描いて飛行)スフィア(自動的に26枚の写真を撮影して合成鮮明な天体パノラマ写真制作)などが追加されました。

Image:DJI

20201106_mavicmini_4
Image:DJI

20201106_mavicmini_5
Image:DJI

20201106_mavicmini_6
Image:DJI

20201106_mavicmini_7
Image:DJI

また、Mini 2で撮影した映像を、より簡単にSNSなどで共有することができるように、無人航空機とスマートフォンを直接接続し、短縮されたクリップを最大20MB / s(日本モデル最大6MB / s)からダウンロードすることができるトリムダウンロード機能も追加されています。 静止画の場合は、新機能の「最適化フォト」で自動的に画質を最適化することができます。

DJIの新しい軽量ドローンは伝染性の下で素敵なソーシャルディスタンスガジェットだと思います。

DJI Mini 2の価格は標準パッケージは5万9400円(米国では450ドルで発売)で、標準パッケージに加えて、充電ハブ、バッテリー(3個)、専用キャリングケースなどが同梱されているコンボセットは7万9200円です。 以前のモデルのMavic Miniの標準パッケージは、4万6200円なので、ただ上がっていますね。すでに予約を開始し、11月12日から販売されます。

[국내 정품]DJI MINI 2 Fly Moreコンボドローンカメラ小型
READ  次世代の子供サイト「自動運転」としていた理由| 技術| 東洋経済オンライン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close