理科

DNAの研究は、現代の日本人の三祖先人口を表します。

新しい研究によると、現代の日本人は3世紀から7世紀の間の古墳時代の人々を含む3人の祖先集団の子孫であることを示唆します。

現在主流の理論によると、日本人は独特の陶器文化として知られているジョーモン族(紀元前14500年 – 紀元前1000年頃)と弥生族固有の陶芸文化(紀元前1000年 – 西暦250年)が混合された起源を持っています。

しかし、約1500年前の古墳時代の人間の骨のDNA分析で東アジア人特有の遺伝的特徴が現れたが、これ先史時代縄文と弥生人ではなく、現在の日本人から発見されると研究者たちは言った。

金沢大学古代文明と文化資源研究センターの考古学科学助教授のTakashi Gakuhariは「これは日本人が縄文、弥生、古墳の三祖先集団の子孫という最初の証拠だ」と言いました。

朝日新聞

金沢大学、鳥取大学や他の機関の国際研究チームは、9月18日、米国のジャーナルScience Advancesに研究結果を発表しました。

当時東京大学名誉教授であったので原ズでは、1991年に発表した「二重構造モデル」の理論によると、現代の日本人は、先住民族の縄文狩猟採集民と後継弥生農家の起源が混在している。

ジョーモン族は、日本列島全域に居住しており、アジア大陸からの移民集団が到着した後、最終的に弥生族がいます。

研究チームは、約9,000年前の縄文人と約1500年前の古墳であるなどの遺骨12人のDNAを分析し、以前にDNAを調べた弥生人2人のデータと比較した。

研究者は、遺伝情報が親から子へ渡されるとき突然変異によって引き起こされた小さな違いの痕跡に基づいて、古代の人口のうちどれが現代の日本人と遺伝的に近いかどうか調査しました。

彼らは弥生族が中国東北部リャオ川流域をはじめとする東北アジアの人々からよく見ることができる遺伝的特徴を持っており、ジョーモン族と混血であることを確認した。

古墳族は、東アジア人の間で広く発見された遺伝的特徴を持っているが弥生族にはそうではなかった。 彼らはまた、現代の日本人とほぼ同じ遺伝的特徴を共有した。

20211007-origin-4-L
最新の研究で分析された古墳であるの骨が発見された金沢岩出洞窟古墳の一部(金沢市埋蔵文化財センター提供)

大陸からの大規模な移住は、約3000年前の弥生時代にさかのぼります。 研究者は、漢族のような追加の移民グループが古墳時代に織物、土木工学、およびその他の技術を伝授するために、日本に来たました。

研究者は、新しい理論を確認するために、古墳時代の多くの遺跡を分析しなければならないと言いました。 最新の分析は、金沢で発掘された古墳個人3人の骨だけ含まれている。

Gakuhariは「他のKofunとYayoi人のゲノムを研究して、日本人の起源の謎を閉じたいと思います。」と言いました。

論文を読むには(https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abh2419)。

READ  NASAのDART使命は、小惑星をリダイレクトするために船を墜落させると、科学者たちは言います。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close