経済

DPIIT secy、エネルギーニュース、ET EnergyWorld

ニューデリー:政府が通信や自動車を含む13個の主要な部門の生産連携インセンティブ(PLI)の計画を発表したことにより、インドは、このプログラムに、日本の多くの参加を期待している最高政府の管理が金曜日た。

産業および内部貿易振興部(DPIIT)Guruprasad Mohapatra長官は、政府が製造業と輸出を促進するためにPLI制度を含むいくつかの政策改革を着手したました。

この制度で扱う主要部門には、通信、食品加工、医療機器、自動車、部品、繊維、太陽光PVモジュールが含まれます。

MohapatraはFicciのインドの – 日本のビジネス協力委員会で開かれた第44回合同会議で、日本の専門知識は、これらの分野で世界的に知られており、「私たちは、日本のインドのPLI計画に多くの関心を持ちしております」と言いました。

彼はまた、両国は、インドの産業競争力強化のために努力していると述べた。

「インドと日本は、インド – 日本の産業競争力パートナーシップの形で協力しています。このパートナーシップの一環として、インドと日本政府が、インドの産業競争力強化のために共同で努力することを提案して議論が開始されました。共同作業グループが形成され、我々は非常に安定した発展を遂げています。」と付け加えました。

Mohapatraは日本がこの新しい時代に日本企業を支援するためのインセンティブのパッケージを発表し、インドに新しい日本の投資を導くことができるユニークな機会を提供すると言いました。

ウェビナーでは、インド駐在日本大使は、鈴木聡、インドが両者の経済関係をさらに強化するために、より安定したビジネス環境を持つことが重要であると言いました。

READ  マツダ、「CX-30」製品の改善SKYACTIV X搭載車を190PSの出力向上「e-SKYACTIV X」のバッジも装着 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close