エンターテインメント

Dreyfus事件将校の孫日本で授業で話す

悪名高いドレピュス事件のフランス大尉アルフレッド・ドレピュス(1859-1935)の孫は、テレビ会議を通じて東京の高校生たちに人種差別に対抗して戦う教育の重要性を語りました。

95歳のCharles Dreyfusは、東京杉並区にある西高校の学生たちに歴史の否定的な遺産を後世に譲ることが重要だと語りました。

セッションは彼の祖父に関する映画の日本の公開と同時に開催されました。 19世紀後半、フランスでスパイの疑いで偽りに投獄されたフランス系ユダヤ人将校。

現在、日本全域で上映中の映画「将校とスパイ」は、10年以上フランスを揺るがした反ユダヤ主義スキャンダルの細部を丁寧に描写しています。

この映画の監督であるローマン・ポーランスキーはユダヤ人であり、第二次世界大戦中に反ユダヤ主義を経験しました。

映画では、Dreyfusはフランス軍の秘密をドイツに伝えた疑いで反逆罪で有罪判決を受けた後、1894年に終身刑を宣告された。

映画の主人公であるジョルジュ・ピカル中佐は、ドレピュスの有罪判決に使用されたメモが実際に他の人によって書かれたことを発見しました。 他の将校は軍の名声を維持するためにその発見を隠蔽し、Picquartは解任され、法廷に立った。

ドレピュスは、1899年に作家エミール・ゾラ(Emile Zola)がフェリックス・フォーレ(Felix Faure)フランス大統領に昨年「J’Accuse」(「I Accuse」)という見出しの下に公開書簡を新聞に掲載した後、辞められ釈放されました。 。 フランス軍の事件と腐敗。

ドレピュスは1906年に無罪を宣告された。

西高校の学生30人余りが去る5月中旬テレビ会議を通じてフランスに住むシャルルと会話を交わした。

この映画の配給会社であるLongride Inc.は、ビデオ会議システムを通じて、監督と俳優を高校と結びつける他の映画でも同様のイベントを開催したと述べた。

こうした経験と日本の若者とコミュニケーションしたいチャールズの風は、会社が学生のための「特別授業」として「将校とスパイ」の行事を開催できた理由でした。

事件では、チャールズはアルフレッドが彼の孫にスキャンダルについて話したことがないと言った。

そのスキャンダルのために、人々がAlfredの家族や周辺の人々を非難したかどうかを尋ねる限り、Charlesは「Alfredの妻は決して彼の無実を疑っていませんでした。彼の家族は強い絆を持っていました。彼を支持し続けました。」

しかし、彼は「無罪が宣告された後も、ずっと彼を有罪とみなす人々があり、反ユダヤ主義もすぐに消えなかった」と付け加えた。

ポーランスキーは映画で現代日本で起こり得る法廷訴訟で使用された証拠の変調と隠蔽、ゾラの非難に抗議する反ユダヤ主義暴動を描写した。

ある学生は、「差別のために正義の遺産が発生することが多いと思う。 個人や社会が偏見を捨てるために何をすることができますか?

チャールズは、「人種差別に対抗するための手段は何ですか? 教育だけがそうすることができます。 教育の役割は、人々に何が本当に根拠がなく、良い目的に役立たないのかを教えることです。」

また、昨年パリ西部フランスメダンに開館したドレピュス美術館について「博物館が教育的役割をすることが期待される。 歴史の否定的な遺産を後世に譲ることが重要です。」

READ  日本のUncovered Fund、アフリカの初期段階スタートアップを支援するために1500万ドルのファンドを発表

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close