経済

DriveWealth、製品、エンジニアリングリーダーの設置

会社のプレスリリースによると、仲介会社であるDriveWealth LLCは、月曜日(4月18日)、Gayathri RajanをCPO(最高製品責任者)、Harshal DeoをCTO(最高技術責任者)に任命し、会社の製品およびエンジニアリングチームを率いると言った。

プレスリリースで新しく雇われた従業員は、DriveWealthが「世界中の投資を民主化し、世界中の誰もが手の中で財政的未来を制御することを可能にする使命をさらに強化するのに役立ちます」と述べました。

DriveWealthの創設者でありCEOであるBob Cortrightは、プレスリリースで「投資へのアクセスを拡大することはお金以上です。人々が自分の人生をよりよく制御することを許可することです」と述べました。 「このような大胆な目標には、大胆なリーダーシップが必要です」

RajanはGoogleで16年間勤務した後、DriveWealthに加わり、決済プラットフォームを設立し、Googleマップのための高成長企業ビジネスを構築しました。

Rajanは、「世界中の消費者が以前にはアクセスできなかった市場に参加でき、金融の将来の所有者になるのを助けるための途方もない機会があります」と述べました。

Deoは詐欺の検出のための人工知能の使用を開拓したeBayおよびPayPalで16年後にDriveWealthに加わりました。

「私は大規模なグローバル問題を解決するために技術を活用することに情熱的です。したがって、投資を民主化しようとするDriveWealthの使命は私にとって本当に魅力的です」と彼は言いました。

関連: DriveWealthは暗号取引スペースに拡張

去る2月、日本持株会社のソフトバンクが後援するドライブウェルズは、暗号通貨取引を行うために2つの子会社を設立し、暗号通貨会社であるクリプトシステムズ(Crypto-Systems)も買収する計画だと発表した。 昨年、同社は4億5000万ドルのシリーズD資金調達ラウンドの後、28億5000万ドルと評価されました。

Crypto-Systems取引により、DriveWealthは今春のパートナーにビットコインとイーサリアムの取引を提供することができ、CortrightはCNBCがデジタル資産スペースに大きな透明性をもたらすと述べました。

————————————

新しいPYMNTSデータ: 企業債務イノベーション研究の未来 – 2022年4月

Plastiq - 企業Payablesイノベーションの未来:新しいB2B決済オプションがSMBバックオフィスを革新する方法 - 2022年4月 - 企業がB2B取引を合理化し、APおよびAR管理摩擦を排除するために一体型決済ソリューションがどのように役立つかご覧ください。

について: 中小企業の半分以上がオールインワン決済プラットフォームで時間を節約し、キャッシュフローの可視性を高めると考えていますが、56%はソリューションが既存のAPおよびARシステムと統合するのが難しいと考えています。 PYMNTSとPlastiqの協力により、Future Of Business Payables Innovation Reportは、500,000ドルから1億ドルの売上高を持つ500のSMB対象にアンケート調査を実施しました。

READ  豆事業:北日本のコーヒーショップ、明るい自販機での売上高の増加

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close