経済

DTI、企業回復を支援する220万ドルILO-JapanプロジェクトへのMOU締結 │ GMA News Online

通常産業部(DTI)と国際労働機構(ILO)は、220万ドル規模の日本-ILOプロジェクトである「フィリピンのコロナ19危機状況で安全に雇用を取り戻す」の一環として、日本が支援する了解覚書に署名しました。 : 小規模および非公式のビジネスを安全かつデジタル的に再起動します。

2021年7月に開始されたこのプロジェクトは、COVID-19危機の影響から中小企業(MSME)の回復を支援しようとします。

この支援措置の構成要素には、産業安全、健康および生産性措置の能力の構築、デジタル起業家精神、零細中小企業(MSME)、および非公式企業のための金融教育が含まれます。

フィリピンでは、このイニシアチブは政府がデジタル化を通じて中小企業を統合するのに役立ちます。

2022年8月26日、MOUが締結されました。

署名者の中には、ILOフィリピン取締役カリド・ハッサン、DTI地域運営グループの次官Blesila A. Lantayona、テスニカル教育およびスキルズ開発機関(TESDA)事務総長、Danilo P. Cruz、DTIデジタルフィリピンのMary Jean T. Pacheco次官および貿易教育センターの電子商取引責任者であり、専務理事Nelly Nita N. Dillera。

朝鮮式に参加した中田正宏日本大使館長官は、このプロジェクトがコロナ19グローバル危機からフィリピンの強力で持続可能な経済回復を達成することに決定的な貢献をしたと強調した。

中田氏は、MSMEがフィリピン企業の大半を占めているため、運営の成功は地元の労働市場の回復に大きく役立つだろうと付け加えた。 — DVM、GMAニュース

READ  米国裁判所、経済スパイの嫌がらせの中国情報院の有罪判決

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close