トップニュース

DVIDS-ニュース-Camp Zamaで配偶者のための「Head Start」、日本オリエンテーション授業再開

CAMP ZAMA、日本の(2021年3月30日) – 新しく到着したCamp Zamaスタッフに日本の文化、慣習と言語を紹介する週間のオリエンテーションが先月、ここの教育センターで軍人と民間の配偶者のための対面会議を再開しました。

Camp Zamaの「Head Start」プログラムは、2020年の春COVID-19感染症が原因で中断され、その年の7月に軍人と民間スポンサーのみ再開されました。 2月16日から19日までの授業は、グループの規模と社会的距離規制を遵守するための措置と配偶者、特定のプログラムの復帰を表示しました。

3月15日から18日までの3人の配偶者が参加して、日本語の基礎と役​​立つフレーズ、地域のマンネリと慣習、日本史などのテーマについて4日間の講義と討論を提供して郵便局の見学が含まれています。 レストランや地域神社。

Megumi Saito講師は、この授業の目標は、配偶者に日本での生活のユニークな側面を身につけることができた良い入門書を提供し、日本の旅行を最大限に活用できるようにすることです。

「日本にいる間に良い経験をすることができるように良いスタートをしたいと思います。」とSaitoは言いました。

SaitoはHead Startプログラムが参加者のツアーをもっと楽しくするために役立つことを願っていると言いました。 彼女は新しい参加者に、日本に住んでいる間、米国の非公式 “大使”として考慮されるという事実を想起させるのが好きです。

「私の目標は、彼らが、日本文化、習慣、言語(および)歴史について快適に学ぶことができるよう、プログラムを終えてから、自分の仕事をすることができるという自信を持つようにすることです。」とSaitoは言いました。

参加者Kimberly Wadeは、ほぼ8ヶ月の間に、日本での滞在は最終的に授業に出席することができるので、プログラムが再開されたことを知り、嬉しかったと言いました。

Wadeは来日場所について多くのメモをしており、次回の一人で旅するとき、日本語をより快適に利用できるように授業が役立ったと言いました。

Wadeは「講師が授業に寄与し、楽しくするためにどのくらいの時間と労力を注ぎか、本当にありがとうございます。」と言いました。

参加者Sylvia Densonは6ヶ月の間に、日本のおりの配偶者に提供される情報が、日本文化に適応するのに役立ちれているので授業が戻ってきてうれしいです。

「この授業は素晴らしいリソースです。」とDensonは言いました。 「日本文化を理解するのに役立つように、多くのことを学びました。」

Densonは、両方の講師はすべての知識が豊富で役立つされ授業中に提起されたすべての質問に答えることができました。 彼女が学んだ情報は、日本に順調に適応するために確かに役立つと付け加えた。

参加者Yuliana Changは、彼女が日本文化を理解して、特定のエチケット状況で行動する方法を理解するのに役立つ多くの情報をわずか数日で学んだ言いました。

「私をよりよく理解するように助けてくれた二人のすばらしい先生が [the] 日本語と文化」とChang氏は言いました。 「日本の新しいことを学ぶことは楽しいことです。」

スポンサーは、処理中に軍人部門のオフィスを訪問したり、263-4122または263-8699に電話してHead Startクラスの配偶者のための座席を予約することができます。 コミュニティのメンバーは、263-5055に電話するか、[email protected]に電子メールを送信監督教育サービスの専門家であるDavid Roodに授業に関する質問を送ることができます。

来月のレッスンは4月12日から15日まで行われる予定です。 その後の授業は暫定的に予定されており、今後の施設の健康の保護状態またはグループの集まりで承認された人数に応じて変更されることがあります。

撮影日:03.30.2021
公開日:03.29.2021 20:14
ストーリーID:392537
ロケーション:ZAMA、KANAGAWA、JP

Web表示:2
ダウンロード:

公共のドメイン

READ  阿部サダヲ、新型コロナ感染成人計画レポート「現在の症状は出ていません」| ORICON NEWS

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close