経済

EAM Jaishankarと彼の日本の担当者が電話会談をします。

月曜日のS Jaishankar外務大臣とHayashi Yoshimasa日本外務大臣の間の電話でのアフガニスタンの発展、南シナ海の状況、自由で開かれたインド太平洋地域を確保する方法が顕著に現れました。 日本外務省が発表した資料によると、両大臣は地域情勢を議論し、東シナ海と南シナ海の「強制現象」を一方的に変えようとする試みに対して「強力な反対」を表明した。

林首相とジャイシャンカル首相は、岸田文夫日本首相のインド訪問早期実現のために協力することにし、次期日本・インド長官級会話「2+2」を開催するために両側が協力することにしたと明らかにしました。

日本外務省は「両大臣は地域情勢について議論し、東シナ海と南シナ海で一方的な武力に現象を変える試みと、いかなる経済的降圧も強く反対する」と明らかにした。 ほぼ20分。

両側は、柔軟なサプライチェーンの構築を通じて経済安全保障への協力を深めると述べた。

国防総省は、HayashiとJaishankarが、ミャンマーやアフガニスタンなどの地域の状況に対処するためにさらなる協力を推進することを決めたと述べた。

またコロナ19対応とテロリズム対応に協力すると約束した。

日本外務省は「両大臣は両国関係について意見を交換し、両首脳の年次相互訪問再開が特に重要であることを確認した」とし、岸田首相のインド訪問が適切な時期に早期に実現できるように協力するとした」と明らかにした。 。

続いて「両長官は次期日本-インド2+2外交・防衛長官会談開催のため両国が協力していくことにした」と付け加えた。

両大臣は、気候変動対応策の議論に加えて、サイバー空間と経済安全保障分野の問題についても言及した。

日本外務省は「日本・インドの主力事業であるムンバイ・アメダバード高速鉄道建設を着実に推進するための努力も持続することにした」と明らかにした。

両大臣は、オーストラリアと米国が参加する二国間協力と四者協力を通じて、自由で開かれたインド太平洋に対する共通の視点を実現するために緊密に協力することにしたと述べた。

続いて「両長官は核・弾道ミサイル活動など北朝鮮情勢についても議論し、林長官は拉致問題に対する理解と支援を要請した」と伝えた。

READ  この国は、Covidとよく合いました。 その後、彼らはなぜワクチンをゆっくりですか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close