経済

ECBが金利引き上げの復活に加わるにつれて、日本は依然としてマイナスの利回りにとどまっています。

東京 – 日本は短期金利を超えてマイナス利回りを見せる最後の主要経済局という曖昧な区別を持っており、円は終わりシミが見えない売り税に脆弱です。

2年満期の日本国債収益率は水曜日現在-0.07%に達した。 5年物収益率もマイナスだった。

他の中央銀行が緊縮通貨政策を展開しているにもかかわらず、日本の銀行は経済成長が依然として不振であり、インフレが米国連邦と行動する欧州中央銀行。

ヨーロッパは2010年代半ばのマイナス金利政策を主導しました。 今、ECBは木曜日に発表された計画に従ってインフレに対抗するために7月に0.25%ポイントずつ10年ぶりに金利を引き上げる予定です。

スイスの2年間の収益率は5月末にゼロを下回り、プラスエリアに戻りました。 市場は、スイス国立銀行がまもなく-0.75%で世界最低政策金利を引き上げるという推測に反応しました。

左からクリスティン・ラガルドECBガバナー、黒田春彦BOJガバナー、ジェロームパウエル連盟議長。 日本中央銀行が金利引き上げに足を踏み入れていない。 (写真提供:Reuters、Kento Awashima)

国債2年物金利は昨年末1%未満から米国2.8%、英国1.8%に上がった。 両国中央銀行は早くから政策金利の引き上げを開始し、当分の間引き上げが続くと予想されます。

日本の継続的に低い金利は、主要通貨の中で円の顕著な弱い要因となりました。

木曜日、日本の通貨はドル対134.50円を記録した。 これは2002年2月以降の最低点だ。 135.20円を超えて弱気を見せれば、為替レートが1998年のアジア金融危機以降見られなかった水準に落ちるだろう。

Credit AgricoleのYuji Saito氏は、「米国経済は強みを見せており、利回りスプレッドはさらに拡大するだろう」と述べた。 「円安は経済状況を追跡し、下落税がいつ止まるのかわからない」

過去には、円安が日本の輸出を増加させ、円に対するドルの交換を強化し、日本通貨の下落を制限した。 今、水保証券の上級エコノミストである上澤哲也氏は、この制動機構はもはや機能しないと述べています。

小林氏は、「グローバル事業の多様化のため、円安のため、日本の商品が他の国の商品に取って代わる単純な構造はもはやない」と述べた。

READ  米国連盟の緊縮政策と中国の封じ込めによるアジア株式市場の暴落金融市場

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close