トップニュース

Enfinity Globalが日本で250MWソーラーPVポートフォリオを買収

スペインに拠点を置くエネルギー会社Enfinity Globalは、 発表 企業価値が10億ドルの日本で250MW太陽光発電(PV)ポートフォリオを買収しました。

買収したソーラーポートフォリオには8つの太陽光発電施設が含まれ、そのうち3つは運営中で、残りの5つは建設中です。

稼働中の3つの太陽光施設の総容量は70MWで、残りの5つの施設の総容量は180MWです。

180MWの容量のうち、80MWは今年の稼動に入る予定で、残りの100MWは来年に稼働する予定だ。

エンフィニティグローバルCEOのCarlos Domenechは、「このポートフォリオの買収は、日本の再生可能エネルギー市場のリーダーの1つであるエンフィニティの立場を強固にします。

「私たちは、市場が日本の野心的な2050年の脱炭素化目標を支援するために大きく成長すると信じています。

「私たちのチームの専門知識は、Enfinityをこの新しいシナリオで重要な役割を果たすための優れた立場にあります。」

この取引は、日本でEnfinityのプラットフォームを統合し、会社が日本での立地をさらに拡大できるようにするためのものです。

ソーラーポートフォリオの追加により、Enfinityは9つの所有および管理プロジェクトにわたって281MWのプラットフォームを持つようになりました。

アジア投資会社PAGもこの投資に参加し、金融サービスグル​​ープのNomuraは、ポートフォリオでプロジェクトファイナンシングのための唯一のリード週間であり、北ランナーとして活動しました。

野村インフラと電力事業の責任者であるVinod Mukaniは、「野村は日本でプラットフォームを統合し、世界中で将来の成長を準備するエンフィニティグローバルを支援し、流動性を提供することを嬉しく思います。

「Nomuraは、顧客、特に経験豊富で才能のあるチームと低炭素経済への移行に貢献する魅力的なビジネス戦略を持つEnfinity Globalなど、顧客のためのソリューションを開発することを嬉しく思います。」

日本は2030年までに合計150GWの太陽光発電容量を設置することを目指しており、2020年までに67GWを設置した。

関連企業

READ  感染症の熱気を感じる: 日本はバングラデシュプロジェクトのコストと締め切りを増やそうとします。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close