トップニュース

Ericsson、KDDIとSoftBankとともに日本初のマルチオペレータRAN設立

Ericsson(NASDAQ:ERIC)は、KDDI CORPORATION(「KDDI」)とSoftBank Corp. (「SoftBank」)で日本初のMORAN(Multi-Operator Radio Access Network)の配布をサポートするベンダーの一つに選ばれました。 Ericssonのネットワーク共有ソリューションは、両社の独自の運用管理機能を維持しながら、両方の通信サービスプロバイダにネットワークを展開するための新しい柔軟で効率的な方法を提供しています。

Ericsson装置はTDD(Time Division Duplex)とFDD(Frequency Division Duplex)と4G / LTEと5G New Radio(NR)の両方で、ネットワーク共有をサポートします。 このソリューションは、RAN Compute(ベースバンド)、ラジオ、転送などのEricsson無線システム製品との強力なチップ・オン・チップシステムであるEricsson Siliconで構成されてEricsson Spectrum SharingとEricsson Uplink Boosterのような革新的なさまざまなソリューションを提供しています。

Ericssonのネットワーク共有ソリューションは、業界やキャンパスサイトにも適用することができます。 現場ネットワークとパブリックネットワークの間の無線アクセスネットワークを共有することができ、産業のデジタル化を支援することができるより多くの可能性が開かれます。

Ericssonネットワーク機器は、両方のサービスプロバイダが共有してコストを最適化されたソリューションと、より速く、密度の高い5Gネットワ​​ークの展開を提供しています。 KDDIとSoftBankは特にEricsson Radio System製品とマルチバンド用のソリューションを活用して、強力な5Gネットワ​​ークを迅速に構築することに重点を置くことです。 Ericssonの将来性、ネットワーク共有ソリューションは、5G以上の全国的なネットワークの展開に大きく寄与するものです。 Ericssonとサービスプロバイダは、検証を完了し、ソリューションを商業的に配布を開始しました。

KDDIの技術企画担当副社長兼管理責任者であるTatsuo Satoは、次のように述べています。」SoftBankとEricssonと緊密に協力して5Gネットワ​​ークの構築を加速するようになっうれしいです。 MORANソリューションにより、私たちは、お客様に優れた5G経験を提供する最初の企業となります。」

SoftBankの上級副社長兼CNOのTomohiro Sekiwaは次のように述べています。「日本全域の顧客に驚くべき速度で5Gカバレッジを提供するために、私たちは、KDDIとEricssonと積極的に協力しています。 MORANソリューションは、これらの成功の鍵であり、我々はこのような努力の高い期待を持っています。 “

EricssonのMarket Area北東アジア責任者であるChris Houghton上級副社長は、次のように述べています。「私たちは、日本で初めてMulti-Operator RANを構築するために二人の主要な顧客であるKDDIとSoftBankの努力に寄与することになってうれしいです。 。 私たちは、国の重要なネットワークインフラストラクチャを構築するためのこの本質的な任務をさらにサポートすることを期待します。」

関連リンクに:
KDDI、Ericssonクラウドネイティブデュアルモード5Gコア選択

EricssonとKDDI、5Gネットワ​​ークの構築

SoftBank Corp.がクラウドネイティブデュアルモード5Gコアを提供するためにEricssonを選択しました。

EricssonとSoftBank Corp.、マルチバンド5Gネットワ​​ークの構築

編集者注:

Ericsson無線システム

エリクソンシリコン

Ericsson RANコンピューティング

Ericssonアップリンクブースター

Ericssonスペクトル共有

私たちに従ってください:
ここでEricssonプレス購読
Ericssonブログの記事を購読 ここ
www.twitter.com/ericsson
www.facebook.com/ericsson
www.linkedin.com/company/ericsson

詳細情報:
Ericssonニュースルーム
[email protected](+46 10 719 69 92)
[email protected](+46 10 719 00 00)

エリクソンの紹介:
Ericssonは、通信サービスプロバイダが接続の完全な値を捕捉することができるようにします。 会社のポートフォリオは、ネットワーク、デジタルサービス、管理サービス、および新興ビジネスにわたっています。 顧客がデジタル化して、効率を高め、新たな収益源を見つけることができるように設計されました。 Ericssonの革新投資は全世界の数十億人の人々にモビリティとモバイルブロードバンドの利点を提供しています。 Ericsson株はNasdaq StockholmとNasdaq New Yorkに上場されています。 www.ericsson.com

READ  日本の小説家村上に専念された図書館、東京に開館

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close