トップニュース

ESR、20MW東京プロジェクトで日本データセンターを拡大

ESRは昨年、大阪倉庫の場所の1つでプロジェクトを発表し、データセンタープラットフォームを立ち上げました。

ESRは、1年前に日本で初めて構築されたデジタルインフラを拡大しながら、東京西部に新たな20メガワットのデータセンター施設を開発しています。

香港上場物流専門家は 水曜日の氏名 東京西東久留米市にある20,900平方メートル(225,000平方フィート)の敷地を買収し、地域の既存データセンター運営者と新規市場参入者にサービスを提供する新しいサーバーホスティング施設を構築したと明らかにしました。

ESRの共同創設者でありCEOであるJeffrey ShenとStuart Gibsonは、共同声明で述べています。 「グループとして、私たちは、独自の土地調達、地域設定、電力承認への比類のないアクセスを提供するハイパーローカルな立場を引き続き活用し、同クラス最強の開発専門知識を活用して同僚と差別化します。」

この新しいプロジェクトは、ESRが倉庫部門のルーツを超えてミッションを拡大するにつれて、大阪南港で98メガワットの開発とともに2021年4月に新しい事業を開始した後、日本で2番目のデータセンターを表示します。

2025年にオンラインに移行

ESRは、2025年9月にオープン予定の新しいデータセンター施設のために、現場にある既存の建物を3つ壊す計画です。 会社の代表は、サイトに対して支払った報酬または売り手の身元を明らかにすることを拒否しました。

ESRのスチュアート・ギブソン

2月のESRにデータセンター事業部の最高経営責任者として加わったDirmid Masseyは、日本がデータサービスの需要増加、大規模市場規模、広範な普及率のおかげで、世界中でデータセンターにとって最も魅力的な位置3位と評価されたと述べました。 モバイルブロードバンド。

以前、米国データセンターの大手Equinixの上級副社長だったMasseyは、日本の首都に立地を構築することが、ESRのような機関投資家にとって「非常に重要な戦略的」プレイであると述べた。

「東京は国際企業が日本市場にアクセスできる主要なハブです。 アジア北西部に位置する最も顕著な技術と金融市場としての地理的位置は、米国西部とアジアの残りの部分を結ぶかなりの数の海底ケーブルの最初の着陸地点になりました。」とMaseyは言いました。

オーストラリアのフォーラム2022_250広告

ESRのデータセンター事業部 最高投資責任者であるDevashish Guptaによると、日本最大の都市のデータセンター接続に位置するESRの東京プロジェクトは、都市全体の光ファイバネットワークへの強力な接続性を提供しています。 Guptaは、今後の施設は、東京西部の拠点を拡大する新規および既存のデータセンター事業者の両方に追加の負荷容量を提供する必要があると述べました。

フォーカスしたデータセンター

物流が管理している資産1,402億ドルを支配することで、ESRは2021年末までに1,200メガワットの潜在的な容量を合わせた地域全体のデータセンター開発パイプラインを迅速に結び付けました。

ジアルミドマッシュESR

Diarmid Masseyは2月にデータセンターのCEOとしてESRに加わりました。

グループ会長のジェフリー・パールマン(Jeffrey Perlman)は先月、同社の年間収益報告書で「電子商取引の継続的な成長を超え、データ消費がアジアだけで過去5年間で4倍に増加し、デジタルイノベーションがうまく進んでいる」と述べた。 「ESRデータセンターの取り組みの構築に伴い、今後、デジタルインフラストラクチャの重要な要件を大幅に満たすよう努めています。」

昨年、大阪に98メガワット規模のデータセンターキャンパスを発表し、データセンターイニシアチブを始めた同社は、2021年末までに香港、大阪、シドニー、ムンバイ、ジャカルタ、シンガポールでプロジェクトを計画した。 Perlmanは、収益会議でESRがそのネットワークを東京、ソウル、北京、台北に拡張する予定だと述べた。

同社は昨年11月、香港財閥タンシンボルの家族からクワイチョンのブリリアントコールドストレージタワー2(Brilliant Cold Storage Tower 2)を40MW設備に転換するため、2億3080万ドルに買収しながら香港にデータセンターを構築した。

日本中部

今日の発表は、香港ファンドマネージャーのGaw Captial Partnersの声明と平行しています。 この声明は、自己転換プロジェクトのために首都圏地域の建物を買収したと述べた。

2022 イベントカレンダーハウス Ad1

管理下のファンドに代わって、Fuchu市のFuchu Intelligent ParkにあるFuchu Buildingを買収したGaw Capitalは、この最新資産を昨年購入した隣接する不動産と組み合わせて39MWのデータセンターを作成すると述べました。

また、日本のデジタルインフラストラクチャ戦略を追求するのは、ESRの産業競争相手であるGLPです。 GLPは、2月に今後5年間、日本のデータセンター市場に少なくとも120億ドルを投資する予定だと発表しました。

去る1月には米国ハイパースケール専門会社スタックインフラストラクチャとグローバル投資会社であるオークツリーキャピタルマネジメント(Oaktree Capital Management)も千葉県で36メガワット規模の開発で現地市場に進出した。

Knight FrankとDC Byteの共同報告書によると、日本は2021年末現在、1.9ギガワット以上の潜在的な容量でアジア最大のデータセンター市場にとどまり、すでにアジア太平洋地域の7.9ギガワットの潜在的負荷の4分の1を占めています。しました。

READ  「US女子オープン」の結末は、雷雨月曜日繰越渋野ひなこは開始していない - ゴルフダイジェスト・オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close