EU、スマートフォン技術ライセンスに対する「権力掌握」中国非難

Estimated read time 1 min read

欧州連合(EU)は、ブリュッセル管理者がスマートフォンの技術ライセンス率を設定するために北京が「権力を握る」と主張する一部として、企業に数十億ユーロの費用をもたらした特許侵害の疑いで中国を世界貿易機構(WTO)に提訴しています。

スウェーデンのエリクソン(Ericsson)、フィンランドのノキア(Nokia)、日本のシャープ(Sharp)を含む企業が、中国最高裁判所が外国裁判所でライセンス契約を確保することによって特許を保護することを禁止した後、損失を被ったと欧州連合執行委員会が明らかにした。

中国裁判所は、Opo、Xiaomi、ZTE、Huaweiなどの製造業者と西洋技術プロバイダーとの間で、以前に合意した市場レートの約半分でライセンス費用を策定したと付け加えた。

標準

欧州連合執行委員会の関係者は「中国政府が法的手段を通じてグローバル権力を掌握した」と述べた。 「ヨーロッパを押し出す手段」

スマートフォンメーカーは、通信ネットワークのグローバル標準に合意しました。 その代わりに、技術メーカーは自分の特許を他の人にライセンスする必要があります。 価格に合意できない場合は、裁判所に行って価格を決定します。 中国の裁判所は通常、西欧裁判所の半分のレベルに価格を設定します。

2020年8月、中国最高人民裁判所は、中国裁判所が会社が国外裁判所に訴訟を提起することを禁止する「控訴禁止命令」を課すことができると決定しました。 そうする人々は毎日130,000ユーロの罰金を求められ、他の裁判所の判決は無視されます。

免許費用を下げる政策は、中国国会の人民代表大会(People’s Congress)の支持を受けたが立法化されなかったと委員会は主張した。

Ericssonは、裁判所の訴訟で敗訴した後、ライセンス収益は四半期ごとに1億ユーロから1億5千万ユーロに減少すると述べました。 米国の技術研究開発会社であるInterDigitalやドイツのFraunhoferネットワークなど、新技術をライセンスするEU研究機関も被害を受けました。 委員会は、企業が研究にライセンス費用を再投資したと述べた。

EU貿易委員のValdis Dombrovskiは、次のように述べています。 EU企業は、独自の技術が違法に使用される場合、公正な条件で定義を追求する権利を有します。 それが私たちが今日WTO協議を始める理由です。」

EUは、中国の行動が知的財産権(旅行)の貿易関連の側面に関するWTO協定と一致しないと考えています。

禁止命令

InterDigitalのLiren Chen社長兼CEOは、次のように述べています。

「Brusselsのリードは、イノベーターが毎年ヨーロッパと世界中のR&Dに投資する数十億ユーロを保護し、他のステークホルダーがイノベーションを保護するための措置を制定するときにこのリードに従うことを願っています。」

Huaweiはコメントを拒否した。 中国外交省、ZTEとOppoはコメントの要請に答えなかった。

米国と日本も懸念を表明し、EUの協議要請に参加することが予想される。 中国は60日以内に回答する必要があり、その後ブリュッセルはこの問題について判決を下す紛争解決パネルを要求することができます。

中国が台湾との関係を置き、中国がリトアニアからのすべての収入を遮断した後、1か月ぶりにWTOで委員会が中国に対して訴訟を提起したのは2番目です。

著作権 The Financial Times Limited 2022

READ  日本岸田、内閣と当職を改編して権力強化
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours