スポーツ

EUの指導者、東京オリンピック開催への支持を表明

欧州連合の両方の高官は、木曜日コロナウイルス感染症が原因で、日本でのイベントの反対が大きくなっているにもかかわらず、東京オリンピック開催への支持を表明しました。

Ursula von der Leyen欧州委員会委員長とCharles Michel欧州委員会委員長がEU-日本の仮想サミットでYoshihide Suga首相とゲームについて議論しました。

ミシェルは会談後、「彼はすべての必要な予防措置をとるために、自国当局と協力していると言いました。」と言いました。

昨年初めて計画された東京オリンピックは大流行により、1年遅れています。 7月23日にオープンする予定だ。

この会議の共同声明での指導者は、「今年の夏COVID-19を退ける世界団結の象徴として安全かつ確実な方法で五輪開催を支持する」と述べた。

現在、日本人のごく一部だけが予防接種を受けたため、60〜80%の世論調査で、オリンピックキャンセルを求めており、ゲームのキャンセルを要求するオンライン嘆願書は、数週間の間に40万人の署名を受けました。 東京、大阪、その他の地域は、5月31日の有効期限後に延長される可能性がある緊急事態に直面しています。

主催者とIOCは、多くの場合、世界保健機関(WHO)の権威を引用し15,000人のオリンピックとパラリンピックの選手が日本に入国して数万人の審査委員、管理、スポンサー、放送局やメディアと一緒に安全に競技を開催することができると言います。 海外から来たファンたちはすでに禁止され、主催者側は、ファンがオリンピック競技場に入場することができるかどうかは、次の月に発表する予定である。

フォン・デア・ライ円は「私たちは、当然、オリンピックが期待されると言いました。」と言いました。 「欧州連合から1億回以上のワクチンが日本に輸出されるように、承認された信号はまた、我々は、オリンピックの準備と、これらのゲームの安全性を支持する強力な信号です。 “

READ  タマラ本橋、オリンピック希望に怪我をしないように

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close