経済

EU・日本、フィリピン学者派遣

欧州連合(EU)代表団と日本政府は、フィリピンの学者が海外で学問的抱負を達成するための珍しい機会を提供しています。

今後数週間で、75人のフィリピン人の学生がErasmus +プログラムで奨学金を受け取った後、EU加盟国で学業の夢を追うことになります。

2022 JETプログラム参加者と小川和彦大使、小川優子夫人(座席、左から3番目、4番目)

セリフLuc Véronは、Erasmus +学者を祝いながら、EUとフィリピンの間のパートナーシップを強化するのに役立つ親善の使節であり、変化の代理人になることを促しました。 彼はまた、学生が労働組合でプログラムを終えた後、祖国に還元することを奨励しました。

ファンデミック以来、最初の出発前の対面オリエンテーションで、Véronはフィリピンが地域と世界でErasmus +学者の数が最も多い国の1つに選ばれたと述べました。 彼は今年、フィリピンが世界で最も多くのエラスムス学者を輩出した国の8位を占めたと誇りに思いました。

今年の派遣の儀式は、EU代表団と国内Erasmus+学者たちで構成されたCampus Erasmusが主管した。

Erasmus+プログラムは、フィリピンの学生がヨーロッパの学術的卓越性と文化を体験し、ヨーロッパの言語を学び、1〜2年間ヨーロッパ社会に統合できるように生活を変える道を提供します。 世界最高の国際学術移動プログラムの中で、この地域を学習の優秀なセンターとして宣伝し、EUおよび非EU市民のための学生の移動を現実にします。

47「JET」に参加

一方、日本の交換および教育(JET)プログラムは、2022年の年間プログラムに参加する合計47人のフィリピン人を歓迎しました。

46人の言語補助教師(ALT)と国際関係調整官(CIR)は8月14日に日本に飛行する予定でした。 参加者は飛行前にアジアで働く準備のための一連の活動に参加しました。 国。

日本大使館によると、JET参加者は2014年に始まって以来着実に増加し、合計250人を収容した。

7月15日、小川和彦大使は2019年以来初めて自身の居住地で参加者のための送還レセプションを主催しました。 使節は参加者を祝い、プログラムの成長を祈りました。

甲子川はこの演説で「国際化と相互信頼を促進するために参加者は日本と故国を結ぶ文化大使になる。 フィリピンのJETはこの点で非常にうまく機能し、 [my country] そしてフィリピン。

その日、早く参加者はタギグ市にあるマニラ日本語学校(MJS)を訪問し、英語の授業に参加し、フィリピンの英語教師に会う機会がありました。 両側は、教授法と日本語教室の慣行について有益な意見を交換しました。

また、日本情報文化センターはフィリピンJET同門会と共同で7月30日、仮想出国前のブリーフィングを行った。 JET入学生の日本生活を準備するために、参加者は必須資料を提供されました。 ALTとCIRとしての役割について、日本社会と文化について詳しく説明します。

日本大使館によると、JETプログラムは1987年、日本政府が外国語交流と文化没入を通じて自国国民と他国国民との相互理解を深めるために発足したプログラムだ。 開始から2019年まで、57カ国で約5,761人の参加者がすでにプログラムに登録されています。

今後数年間で、JETはフィリピンを含む世界中のより多くの参加者を日本に招待することを期待しています。 JETプログラムの詳細については、次をご覧ください。 http://www.jetprogramme.org/.

画像クレジット: EU代表団日本大使館

READ  米国商工会議所は、最初の女性CEOに任命

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close