EU – 日本協力| メディアラインハルトビュッティコーパー

1 min read

欧州議会のEUと日本の関係報告者であるReinhard Bütikoferは、東京で開催された日本とEUのエネルギー大臣の会議と水素上級ビジネスフォーラムについて次のように述べています。

「再生可能エネルギーとクリーンテクノロジーサプライチェーンの分野で緊密な協力を発表したことは非常に歓迎されており、絶対に必要な良いニュースです。 これまで、EU-日本のパートナーシップはグリーンセクターでやや未開発でした。 EUエネルギー執行委員会SimsonとKishidaは、明らかに不可欠なもの、すなわち信頼できるパートナー間の将来の技術に対する実用的で集中的で相互利益のある協力を実践することに合意しました。

EU Japan Green Allianceの枠組み内でのこの協力は、EUが同様の考えを持つ国と協力してエネルギー回復力を達成し、一緒に緑の転換を進める代表的な例です。 これは気候危機に対処するのに役立つだけでなく、秘密の目的でその分野の支配力を利用できるプレイヤーへの緑の技術依存を共同で防ぐのにも役立ちます。

同じ文脈で、先週EUとオーストラリアが持続可能な核心と戦略鉱物と協力するための量子パートナーシップに関する了解覚書に署名したことも、正しい方向に進む重要なステップです。

欧州連合執行委員会の経済安全保障戦略は、中国のダンピングと不当な補助金の支給を防御するだけでは十分ではないことをすでに指摘している。 私たちは市場の規則を喜んで遵守したい他の人と協力する必要があります。 EUが今や会話を進めており、産業・経済政策の外部側面を開発していることは肯定的である。 サプライチェーンの弾力性契約は、将来の重要な政策ツールです。 「グローバルゲートウェイイニシアティブ」も、この点で重要な役割を果たすことができ、実行する必要があります。

カテゴリ: Aktuelles, Außenpolitik, Handelspolitik, PRESSE

READ  日本はF2闘争後の最高の機会を提供しました
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours