Eve Air Mobility、日本最先端航空モビリティ民館委員会のメンバーに選定 – sUAS News – The Business of Drones

Estimated read time 1 min read

Eve Air Mobility(「Eve」)(NYSE:EVEX; EVEXW)は、日本AAM(Advanced Air Mobility)市民委員会のメンバーとして選ばれました。 委員会は、日本のAAM規制および政策について、日本経済産業省と国土交通省に評価および勧告する責任があります。

2018年に設立された委員会は、厳選された会員で構成され、日本全域の旅客輸送、観光飛行、航空救急車サービスなど様々なAAMサービスの開発を議論します。

「日本政府と民間部門は、高度な航空モビリティ市場を開発し、それを現実化するために必要な規制フレームワークを明確にするために積極的に協力してきました。 「私たちは日本のAAM民官委員会のメンバーになり、この仕事を進めるのを助けることができることを光栄に思います」とEve Air MobilityのCEOであるJohann Bordaisは言います。 「私たちは日本でeVTOL飛行を可能にするだけでなく、全体的なモビリティエコシステムを発展させるビジネスモデルを理解し定義するのに役立つことを期待しています。」

Eveが選ばれる前に、同社は委員会のメンバーとしてどのように支援し、貢献できるかについての概要を述べました。 業界で最も多様な顧客基盤を持つEveは、グローバルな視点と専門知識を活用し、日本のAAM産業の発展に貢献します。 日本最先端航空モビリティ民館委員会にEveが正式に参加すると、日本の大衆がEveについてよりよく知り、日本内で会社の評判を継続的に高めるのに役立ちます。

「Eveはアジア太平洋地域でAAMエコシステムを安全に構築および拡張することに全力を尽くしています」とBordaisは言います。 「2026年のサービス開始に向けて進みながら、日本パートナーとの持続的なパートナーシップを期待しています。 最近、日本最大の公共ヘリコプター航空チャーターサービスであるAirXが最大50台のeVTOL航空機を発表し、Eveは引き続き関係を拡大しています。 その国で」

EveはeVTOL航空機の開発を続けてきました。 同社は本格的なプロトタイプ製作を開始し、2024年に航空機テストを開始する予定です。 可動部品を最小化し、潜在的な所有コストを削減するためのリフト+クルーズ設計を特徴とするEveのeVTOLは、離陸を支援するために8つのリフトローターを備えています。 巡航のための着陸およびプッシュローター1つ。 最大100km(60マイル)の飛行距離と100ノットの速度で移動するEveの航空機は現在2,900台の注文で業界をリードしています。

eVTOL航空機の開発に加えて、Eveは世界最大の航空機メーカーの1つであるEmbraerとの関係を通じて、顧客に既存の世界的なサービスセンターネットワークへのアクセスを提供します。 また、同社は初日からお客様をサポ​​ートするための様々なソリューションを開発しています。 飛行運用ソリューションとネットワーク最適化からデータ管理とeVTOL状態監視まで。

READ  CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス):今から始めるMicrosoft Azure>第10回仮想マシンの管理、設定、リモートアクセス(3)| 朝日新聞デジタル&M(アン・M・)
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours