Eve Air MobilityとSkyScapeが日本初の都市ATM契約を発表

Estimated read time 1 min read

Eve Air Mobilityと日本の大阪に本社を置く日本垂直離着陸場の開発・管理会社であるSkyScapeは、AAM(Advanced Air Mobility)運営概念の一部としてEveのUrban ATM(航空交通管理)を使用することに合意したと発表しました。 日本政府。

この発表でSkyscape Eveは13になりました。仕事 Urban ATMの顧客であり、企業が世界中で事業を継続的に成長させるにつれて、6番目のUrban ATMの垂直移動の顧客になりました。

EveのUrban ATMソフトウェアソリューションは、航空航法サービスプロバイダー、都市当局、航空機オペレーター、垂直離着陸場オペレーター、およびその他のUAMステークホルダーにサービスを提供することによって、都市航空モビリティ(UAM)の効率的な実装と拡張性を可能にする重要な要素です。 。

このソリューションには、UAM飛行調整、垂直港自動化エアサイドサポート、共役フロー管理、および適合性管理が含まれます。

Eve Air Mobilityの営業部門と代理店の担当副社長であるDavid Rottblattは、「今回の契約は、SkyScapeが世界中のBurtiportの顧客ポートフォリオを継続的に拡大するにつれて、日本初のUrban ATMの顧客となったため、Eveの重要なマイルストーンを表しています.」と言いました。

「日本は非常に積極的に都市航空の移動性を追求するグローバルリーダーです。 EveのUrban ATMソリューションは、将来の人口密度の高い都市でeVTOLの乗客を迅速かつ安全に輸送する上で重要な役割を果たすでしょう」

SkyScapeのCEOであるAsa Quesenberryは、「SkyScapeのチームは針を前進させ、実際のAAMサービスの発売に近づく開発に焦点を当てています」と語った。

「EVEチームと直接協力することで、私たちは高度な航空モビリティ内で作りたい現実に一歩近づき、私たちの施設で提供する計画である様々な航空運営が可能になりました。」

今回の契約の一環として、両社は、日本内の市内航空の移動性の促進、データ収集、共有など、Urban ATMソフトウェアのテストや試験など、さまざまな方法で協力する予定です。 両社はまた、今後オープンする「統合航空センター(IAC)」として知られる国の研究サイトを含む、SkyScapeの場所でeVTOLの設計とテスト、バーティポート設計、運用認証、および将来の自律運用開発を披露するために協力します。

SkyScapeはVertiportのさまざまな要素を収容する既製の装置のセットで、航空施設「ビルディングブロック」に焦点を当てたVertiport開発へのユニークなアプローチを開拓しています。

これらのブロックは、サイト開発者が独自の状況やユースケースに適用できる要素だけで航空施設と垂直港を設計できるようにすることで権限を付与するためのものです。

ブロックは、アップサイクルされたコネックスコンテナと高度なアルミニウムを使用して、施設のライフサイクル全体にわたって迅速なセットアップと弾力性を提供しながら、持続可能な材料に焦点を当てるように設計されています。

SkyScapeアプローチの希望は、AAMを通じてコミュニティに力を与えるという名前でeVTOL運営に限定されず、最初の対応、医療配信、セキュリティなどを支援する多数の共同展開サービスを支援できる航空施設を開発することです。 。

このプレスリリースはEve Air Mobilityによって準備され配布されました。

READ  日本岸田首相、政策ロードマップで支出・賃金に集中
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours