経済

EXCLUSIVE-UK、2月12日COVID経済回復のためにG7の議論を主導

ロンドン、2月3日(ロイター) – 英国は2月12日COVID-19によるグローバル経済危機の出口を模索するために、2月12日のグループの7つの豊かな国の財務相と中央銀行総裁会議を議長する予定です。 国際租税問題の解決策でもあります。

リシスナク英国財務大臣とアンドリュー・ベイリーイングランド銀行総裁は、米国、ドイツ、日本、フランス、イタリア、カナダ、欧州中央銀行のオンライン会議を共同主催すると、英国財務省が発表した。

長官は「世界的な危機にグローバルソリューションが必要であることを認識し、首相は、国内および世界経済が直面している共有された経済問題を解決するために、彼の相手と協力してコロナウイルスから強力で持続可能な経済回復を達成するためにのために努力する」と述べた。

気候変動と生物多様性の損失は、11月に英国が主催するCOP26会議を控え、優先順位になると付け加えた。

「これは、経済のデジタル化に起因する税の問題のためのグローバルソリューションに到達するために緊密に協力してCOVID-19ワクチン、治療および診断のためのグローバル持続可能な資金調達を支援することです。」と言いました。 (William Schomberg作成、David Milliken編集)

READ  Skyworks Filter Solutions Japanから配布されたEyelitのローコードEquipmentConnectとFactoryConnectソフトウェア

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close