sport

F1ベルギーGPファイナル:10ドライバーコメント[F1-Gate.com]

2020年F1世界選手権第7戦F1ベルギーのGP決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はポールポジションからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトン。 オープニングラップで首位を守ってからレースを支配した。 終盤にはタイヤが難しくなってきたが、トップ3は同様にタイヤに苦しんでいたので、勝利が脅かされるわけではない。 55回のポール・トゥ・ウィン。 今季5勝目、通算89勝目を、ミハエル・シューマッハの最多勝記録まであと「2」に迫った。

1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
「スパは特別な回路であり、ここなら何週間も動かすことができる。これまでは必ずしも容易ではなかったので、ここでポールを獲得して優勝することができたのは素晴らしいことだ。長いストレートで大きなつま先があるので、最初のラップは悪夢になるかもしれないが、1回目で何とかバーワルテリア(ボットス)を逆立てておくことができ、その力強いレースだった。もちろん、すべてのレースをホイール – ツー – ホイールで勝利したいが、今日はどちらかと言えば、他の感じのレースだった。タイヤとリアマシンとのギャップを管理するすべてのだった。終盤はシルバーストーンのようなタイヤの問題を繰り返し可能性もあったので、少しナーバスたが、幸いにも何とか維持した。現場とブラックリーとブリックスワースのチームに心から感謝している。数年に渡ってどのように成功しても、誰もが頭を下げて改善に集中している。驚くべき精神力であり、そのウナ環境で働くことは大きな刺激になる」

2位:バーワルテリア・ボットス(メルセデス)
「今日は非常に簡単なレースであった。オープニングラップの安全自動車の後にリスタートでは良い機会を得ることを期待していたが、ターン5までの牽引を使用することができませんでした。実際に、最初のコーナーの出口でルイスかなり接近したが、過去数年より今日は牽引効果が非常に小さいでした。理由はわからないが、ターン5に向かって追い風だったからかもしれない。それ以外ルイスをキャッチ機会はなかったと思う。彼はポールを獲得して良いレースをしたので、今日の優勝にふさわしかった。レース終盤はタイヤを非常に管理する必要があった。シルバーストーンレース終盤パンクに見舞われたときと同じ振動が出ていた。タイヤを保存するために、かなりの速度を落とさなければなかったが、よくし、今回はポイントを失うことがなかったので満足しています。51番目表彰台だと聞いただけである。ミカホットキーネンの通算記録のような数字だ。彼は子供の頃のアイドルであり、このように彼を並べたのは大変なことだ。もちろん、その二度のタイトルに最も有名ですが、ね」

3位:マックスフェルースタトペᆫ(レッドブルホンダ)
「このプロセスは、本当に好きですが、私のレースはあまり興味深い展開がされていなかった。戦闘も多くなく、自分のレースを最良の結果を持ち帰ろうと努力した。ミディアムタイヤはそこまでグリップがなく、ハードタイヤに交換してバーワルテリア(ボットス)に圧力をかけようとしたが、彼は速度を上げるように指示して、ギャップを設けたので、孤独なレースとなった。私は将来的に大きな動きもなく、残念ながらタイヤの摩耗大きかったので、あまりプッシュすることができなかった。レース終盤にはフロントの振動を感じたので、タイヤの管理に集中していないことができないリスクを負うことなく、完走を目指した。全体的には良いレースウィークになり、機械のバランスも良いので満足している。3位になるためにここにいるものではなく、より上を目指しているが、今回も表彰台に立つことができてよかった」

4位:ダニエルリカルド(ルノー)
「シューレースだ。チームには確かに良い結果だ。今日は多くのスペースがあり、4位は驚くべき結果である。レース波ステストラップを獲得するのは久しぶりだったし、それも嬉しい。エンジニアが現在パステストを教えて」保持てやる」と思った! かなり大きなラップだった。 トラックのすべての使用してパスのテストを狙った。 昨日の予選ラップよりも良かったのかもない! ここでは、昨年の私達に良いトラックであり、モンツァより良かった。 どのようになるか見ていく自信を持って、その場所に行くことができる “

5位:エステバンオオ(ルノー)
「今日の5位は、私たちのようだった、最後のラップでそれを確保することができてとても嬉しい。チームの4位と5位は驚くべき結果である。私たちは、週末中早かったし、上位三と戦ったレースはかなりソリッドだった。開始からアル本を抜いて停留所それを失った。スタッフは停留所で素晴らしい仕事をしてくれたので、私たちがどこから失ったことを見て行く、そこから懸命に働く必要がありし、ギャップを埋め、最後に通過することができた。マシンはこの同じトラックでうまく機能しているのは、肯定的なことであり、モンツァでも戦う準備ができていると感じている」

6位:アレクサンダーアル本(レッドブルホンダ)
「何をしても困難な状況で挫折集まるレース。レース前から、ルノーのチームはダウンフォースを下げ、最高速度が速いため、追い越しが難しいと言われていたが、それを実際のレースで証明する形になってしまった。ソフトタイヤの開始はかなり良い感じていた、ピットクルーが良いことをしてくれ、オオ前出できた。ミディアムタイヤでここまでドグラデーションが大きいとは考えていなかったが、もしかしたらタイヤの選択が間違っているかもしれない。可能な限りプッシュして追い越しをしようとしたが、タイヤが終わっしまった。モンツァことを考える前に、まずこれを考えてみると、ちょうど選手権で4位にポジションが上がったのは良いことであり、前進しているという証拠でもあると考えている」

7位:ランドノリス(マクラーレン)
「最終的に良いレースができた。10番目の7位であり、とてもうれしい。開始は難しいだった。まっすぐの終わりに何が起こったのか分からないが、コースに水またはわずかな油または何かが後方を完全に失ってしまった。だから、どのようなポジションを落とし劣勢になった。でも、残りのレースは本当に良かった。タイヤの寿命が似たような場合には、レーシングポイントやルノーが速いのはわかっていたので、必要な場合には、自分のペースをコントロールした。追い越す可能性があることを知っていた自動車の感じは強力だった。レース終盤までどんどん良くなっていった田代良い速度でプッシュすることができた。また、ホイール場合は、6位を占めするために何かを行うことができたかもしれないが、7位であっても幸せだ」

8位:ピエールオクラホマ(アルファ打私たちホンダ)
「アントワーヌ(ハーバート選手)のことができたので、良い結果を目指した重要な日だった。私たちは、他のシステムとは異なる戦略を取って、ハードタイヤでスタートすることを決定したが、それは予想よりもうまくいき、複数のコンピュータを追い越すができた。ペレス選手を通過する際に、特に激しいバトルだったが、非常に楽しめた。最初から20週までの安全自動車が出てしまう致命的敵だと思っていたが、残念ながらそのような展開は、他のシステムにつくされてしまう形となった。それでもコンピュータが優越して、速度があったので、決してあきらめずに可能なハードプッシュした。バス停が完了すると、ほぼ最後の尾というポジションで中団で戦闘をしなければならなかったが、楽しんで走ることができ、8位という驚くべき結果を手にした安全自動車で20秒程度の時間をロスしたが、最終的には5位のオオ7秒差だったので、今日は5位になる可能性があると思います。前に行くマシンを抜いていくのは大変だったが、それをやっ良い、この結果が非常にうれしい。ドライバー・オブ・ザ・デイを獲得することができたのも良かった。投票してくれた皆さんに感謝している。この性能を、今後のレースでも発揮されるように努力」

9位:ランススト(レーシングポイント)
「今日は難しい試合だった。良いスタートを上がって初めて定量快適に見えたが第二の定量のハードタイヤに低下して管理することが困難だった。終盤に7位走っていたので、9位に終わったのは残念だが、上位にとどまるためにできることは何もなかった。肯定的な点は、挑戦的な仕事にポイントを獲得することができるものである。私たちは、改善して、次の週末のモンツァで、より多くのポイントを獲得するチャンスがある。サーキットは私達の機械と相性が良いとと思うが、モンツァで即戦力に降りてくるための解決を見つけるために、今日起こったすべてのことを分析する必要がある」

10位:セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
「インポートが戦略を検討することが重要ですが、両方のシステムがポイントを獲得することができますので、レースに大きな影響があったとは思わない。それは、今日の正の場合もあった。今の課題は、なぜ週末初めての速度を予選と決勝まで維持することがなかったかを理解することである。バス停後ポジションを上げてポイントに返り咲くことができた。過程で何度も追い越すことができる良かった!しかし、全体的に、今日、十分な速度がなく、次の週末運転車はより強くなって戻ってくる必要がある。私達との相性が良いコースであり、良いポイントを獲得することができ期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ドライバー / F1ベルギーのGP

READ  巨人カンノウンなぜ支持? おやつ氏挙げ、4つの要素 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close