スポーツ

F1社ヒールGPファイナル:10ドライバーコメント[F1-Gate.com]

2020年F1世界選手権第16戦F1社ヒールGP決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

オープニングラップで衝突による安全自動車が入ったレースが終盤にメルセデスの2台タイヤ交換に自滅する青いの展開となった。 F1社ヒールGPで優勝したのは、レーシングポイントセルジオ・ペレスです。 F1キャリア10年目190試合目は、F1で最大の初優勝となった。

優勝:セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
「自分がレースに勝ったことをまだ実感しているところだ。夢を見ているようでも興奮してしまうのが怖い!この瞬間を数年間夢見てきた.F1この点に到達するまで、10年かかった。キャリアを介して多くのワードの作業を重ねてきた。私だけでなく、家族やスポンサー東洋紡.F1でメッキ鼻の人が成功した場合はほとんどなく、表彰台にメキシコの国旗が掲げられた瞬間絶対に忘れないでしょう。私と家族に素敵な瞬間だった。信じすることができないレースだった。本当に良いスタートをマックス(フェルースタトペᆫ)とチャールズ(ルクレール)とバトルをしていた。その後、ヒットされた時に「このようなことは二度と起こらないだろう!」と思った。あまりダメージを塗られていないのは幸運だった。私たちはあきらめず、くぼみミディアムタイヤに交換した。セーフティカーの間に閉じ込められてタイヤにフラットスポットを作った。振動が非常にひどくなって、ハンドルを握る手が痛く再びピットに入らなければならないと考えた。しかし、チームは私ステイアウトするように伝えた。機械の感じはますます良くなっていき、その中間タイヤ定量種の勝利に不可欠であった。もう一度くぼみハードタイヤに交換した場合、リムジンを運転しているようだった!非常に柔らかく、良いペースがあった。ランス(スト)を追い越して、そしてエステバンを抜くことができた。もちろん、メルセデスいくつかの問題があったが、私たちはジョージ(ラッセル)を十分に抑制することができる速度があったと思う。私たちのシミュレーションマイナスに非常に早くてもならないと説明した。幸か不幸か、今日はすばらしいレースだった私たちは、実力で勝った。しばらくの間、ステアリングを握ったまま、静かに泣いてしまったが、チームに良い結果だ。表彰台に上がったランスもよくやった。チームを祝うこと待たない!残り1レースあり、私たちはシーズン最後に3位を維持する決意を固めている」

2位:エステバンオオ(ルノー)
「シューレースである!した。表彰台である。良い感じ。良かった次のラインを通過したときは、様々な感情が全身を回っていた。泣いてしまったことは確かだが、そのように言うことを誇りに思っている。永遠に忘れないだろう。チームは本当に良いレースを実行し、私たちは、強力な速度であった。数回追い越しもでき、楽しむことができた。大変なシーズンだったが、私たち自身、自分を信じて続けてきたし、この素晴らしい気温の地域ではそれが報われた。信じ続けると、どこかで結果は出てくるね!私たちは、今年大きく発展し、来週は可能な限り最高のコンディションでシーズンを終えに集中していく」

3位:ランススト(レーシングポイント)
「良い結果であるが、優勝の可能性があると思うので、心の片隅に少しがっかりしている自分がいる。ファーストラップを終えて6番目おり表彰台を獲得するチャンスがあることが分かった。ウムプクガ遅すぎるかもしれない。そのによりエステバン(オオ)前出られてしまった。しかし、彼はDRSを伝えたターン3出口まで本当に素晴らしいバトルをしているのだった。エステバン追いつく速度がなく、DRSも少し足りなかったこともあって、ターン4までチェコ共和国(ロン)の押されてしまった。ブレーキが少し遅れたし、彼に押されてしまった。そんな感じでしたが、重要なのは、チームリザルトだ。チームとチェコのために喜んでいる。彼は長い間、このチームの一員であった。彼は一生涯何度もトップを走行しており、完全に勝つ資格2台揃って表彰台を獲得していたのは、チームには信じられない結果であり、右の最後の週末から戻ってくる必要としていたのだ。シーズンを通して僕たちに良い車があって、この週末は本当に強かった。私たちは、重要なときに結果を出すことができた。私たちの可能性には本当に興奮しており、アブダビで好調にシーズンを終えることができると期待している」

4位:カルロス・サインツ(マクラーレン)
「雅楽!とても苦い4位。続い表彰台かなり近かったが、残念ながら、それを実現することができなかった。開始は明らか波乱あって、何とか3番目に食い込むことができた。ソフトウェアで、第1定量超強力であった。戦略の間で息息したが、私たちは2ストップで行くことだった。最後のセーフティカーの後メルセデスがストの後ろにかかっていたのはあまり助けにはならなかった市、1週間にあまりにも多くのことを失った。何とか彼抜きまでテイスト追跡したが、若干の違いから表彰台を逃した。今日は全力で走った、それは入手のためにできることをした。挫折が、同時に、今日は週末全体で私たちよりも少し運の良し少し早かった機械になった。だから、そこまで落ちることができず、私たちは、最後のチェック柄旗までプッシュし続ける必要がある。チェコの初優勝を祝うしたい。彼はそれをふわさしていると思います。さて、アブダビである!」

5位:ダニエル・リカルド(ルノー)
「チームに良い結果であり、エステバンが初めて表彰台を獲得したことをお祝いしたい。彼と彼のガレージには本当に強力な速度があった。私はについては、5位以上も可能だったかもしれないので、少しがっかりしている。満足のいくスタート期限が切れた後、1週目以降4回目において多くの機会があるかのように感じました。バス停クビアート優先順位を奪われ、しばらくの後に留まるれた2回目の停留所で何とか取り戻すことができたが、DRS列車の中ではあまりするできなかった。次の週末もレースがあるので、しっかりとシーズンを終えたい」

6位:アレクサンダーアル本(レッドブルホンダ)
「今日のレースは波乱の展開になった。何が起こったのかよく分からないが、12回グリッドから6位まで上がることは悪くないと思う。ただ、もう少し上がりたいと思った気持ちもあります。私のコンピュータは、直線速度が足りなくてDRSトレインにあるときに、他のコンピュータに現在位置を保つことが精一杯であった。直線の追い越しが難しいので、思い切って1コーナーに飛び込んでいくしか手がなかった。ダウンフォースの設定を追い越すことができない第2部門で、高速となっており、このようなセッティングがレースを戦うことは難しかった。ここに気を転換し、数日後に来るアブダビGPにフォーカスしていく」

7位:なんてルー・クビアート(アルファ打私たちホンダ)
「今週は非常に良い流れに来ていたので、より良い結果に終わりたいと思っている。ただし、安全自動車が出たときは、「これは別にいい時期ではない」と思っていた、その上に7位は悪くないランキングである。今日はチームの戦略もすべてがうまくし、昨日の予選も完璧だった。今日のレースもほぼ完全に走ることができると思うので、自分のパフォーマンスに満足している。よく戦う週末であり、今年の中で最も良いレースウィークだった。速度は良かったと中団トップまであと少しのポジションから出カルロス(サインブーツ)リカルドが0.2秒差ほど並んでいた時も非常に楽しかった。今回のような形でポイントを取れたことを喜んでいる」

8位:バーワルテリア・ボットス(メルセデス)
「私たちには本当に悪い日だった。開始は良いことなく、ホイールスピンが良いスタートをすることができなかった。ジョージは良いスタートをして、そこからレースヲコントロールすることができた。第2定量序盤はかなり有望なものだったし、速度もよく、ジョジグァ時間を減らしていった。セーフティカーがなければ、ジョージと私は最後まで良い試合をしていたのだ。安全自動車の停留所タイヤなんらかの誤認があり、終わりだった。何が起こったのかはまだわからないが、以前に報告したものと同じハードタイヤでピットを離れた。当然のことながら、理想的な十分ではなかった。ポジションを失って、新鮮なゴムを手に入れることができなかった。これにより、安全自動車の再起動は非常に難しいし、古いタイヤでより多くのポジションを失った。後で批判するのは簡単なことだが、私たち皆が一緒にして、通常であれば、チームはこのような状況には本当に鉄壁だ。だから、内部で徹底的に調査して、そこから何を学ぶことができるかを見てたい。今日では、ジョージは素晴らしい仕事をしていたし、実際に不運だった。それがなければ、彼はこのレースに勝つたと思う。全体的にチームに難しいことだったが、数日後のコースに戻って好調でシーズンを終えるために最善を尽くし “

9位:ジョージ・ラッセル(メルセデス)
「今感じている複雑な感情をどのように要約すればいいか分からない。一方、この週末に成し遂げたことを誇りに思っています。周囲には素敵なグループがあり、私は予選とレース準備できるように熱心に熱心に仕事を与えた。しかし、今日は本当に悔しい。以前にも勝利を奪われたレースをしたことはあるが、今日は二回そのようなことのような気であり、今でも信じられません。開始後、すべてを制御しており、レースをコントロールしていたタイヤを管理してバールテリグァギャップを維持していた。その後、バス停からその混乱いた。通信に問題があったと思う。これにより、劣勢に立たされていたが、まだ勝つことができたと思う。その後、コンピュータが少しおかしいと感じ始めた。パンクなんて信じたくなかったし、最後まで走ってたかったが、当然それは選択ではなかった。本当に悔しいが、自分が達成したことを誇りに思っており、この週末はマシンを運転する機会を得たことに非常に満足しています。チェコお祝い彼は長い間F1のすばらしいドライバであり、勝利にふさわしい “

10位:ランドノリス(マクラーレン)
「今日は容易ではなかった.1回目は本当に良かった最初の数コーナーで10回目までのランキングを向上させることができた。それは立派だったが、その後はかなり難しかった。ペースが良くなかったし、とにかく自分の位置に留まらなければならいた。ポイントは十分だったが、それ以上ではなかった。厳しい試合だったし、次の試合まで、いくつかの改善が必要ですが、グリッド後方からのよく回復することができたと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ドライバー / F1バーレーンGP

READ  巨人戸郷6回9K134ボールヤクルトドロー/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close