経済

FACTBOX-日本の次期首相候補の主な経済政策の基調

菅義偉首相は総選挙を控え、支持率が急落したし、先週、自分が首相職から退くと述べた。

次は日本の次期首相になる候補者の主な経済政策の見方です。 岸田文雄

銀行経験がある元外相である岸田(Kishida)は、以前に与党代表があれば、財政健全化が政策の主要な柱になると述べている。 彼はまた、2018年に現在の刺激策が永遠に続くことができないと言いながら、日本の銀行の長期の超緩和金融政策について疑問を表明しました。

経済がCOVID-19大流行に困難を経験している中、岸田首相は水曜日、自分の経済政策を説明する記者会見でBOJが2%のインフレ目標と超緩和金融政策を維持しなければならないと言いました。 彼は月曜日雑誌とのインタビューで、日本は30兆円(2720億ドル)以上の資金刺激策が必要だと述べた。

岸田の経済的立場は、前任者安倍晋三の「アベノミクス」インフレ政策のかなりの部分を受け継いだ菅とは多少異なっている。 岸田首相は、日本が成長を後押しするだけでは、構造的な問題を解決することができません。高成長を達成し、税収を増やし、日本の老朽財政を解決しようとするアベノミクスとの距離を置きます。

Kishidaはまた、利点が、最終的に賃金所得に流れていくという希望を持って、企業の利益を増やすことに焦点を当てたアベノミクスとは対照的に、家計に、より多くの富を分配する必要性を強調しました。 ダッカ一早苗

前総務サンイジャ安倍首相の側近である高井値果敢な通貨緩和を含めた「アベノミクス」の改造版を継続すると述べた。 最近、国内メディアとのインタビューで、Takaichiは、日本がインフレが中央銀行の目標値である2%に到達するまでに均衡予算を達成目標を凍結して、財政と金融政策の両方の拡張的に維持されるべきだと言いました。

彼女はまた、日本が現在、低借入コストと中央銀行の貨幣発行能力を考慮すると、「債務不履行について心配する必要がないため、「成長地域への投資資金を調達するために、より多くの国債を発行しなければならないと言いました。 河野太郎

河野は、行政改革と規制緩和を担当した大臣を務めながら、急増する日本の医療費を含めて無駄な支出を減らすと主張した。 彼のウェブサイトで、急速な高齢化による慢性的な労働力不足の問題を解決するために、外国人労働者の受け入れを提案した。 河野は2017年与党行政改革委員会委員長として、BOJの超緩和政策の出口戦略をより明確に伝えることを促した。 彼はBOJが貸借対照表を拡大し続けてほど「脱出するのがより難しくなるだろう」と言いました。

石破茂元国防長官であり、安倍のライバルである石橋はアベノミクス政策が株価を上げて株主を豊かにしたが、労働者にはほとんど恩恵を与えなかったとしてアベノミクスを強力に批判した。

彼はまた、地域銀行を損なうBOJの超低金利を批判して増加する不平等を是正するために、より多くの公共事業支出を必要としました。 昨年ロイターとのインタビューで、Ishibaは、日本の財政と通貨刺激策が大きすぎて、これを撤回すると、経済が不安定になることができると言いました。

彼は大きな支出を擁護する人々との距離を置きます。 インタビューでIshibaは、日本の消費税を引き下げたり、全面的な支払いを提供することについて注意を表明しながら、すべてのサポートは、伝染病に最も大きな打撃を受けた家計と中小企業を対象にしなければならないと言いました。

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  イヤホンジャックを「プル」の交換DAP、Acoustune新しい最上位も - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close