Factbox-Rakuten Groupの損失、負債負担、資金調達努力

Estimated read time 1 min read

TOKYO(ロイター) – 楽天グループは、電子商取引のウェブサイトである楽天市馬(Rakuten Ichiba)と銀行、クレジットカード、証券、保険部門を含むオンライン金融サービス会社を中心とした日本の大企業です。

深刻な問題を抱えているモバイル事業、グループの営業損失、負債負担、財政支援への取り組みに関するいくつかの詳細は次のとおりです。

楽天モバイル

日本の4位モバイルネットワークは2020年4月に発売されました。 9月30日現在、加入者数は520万人で、世界3位通信市場の約2.5%シェアを保有しています。 昨年の年間売上高は3,510億円(24億ドル)に達し、これは楽天全体の売上の18%を占める。

負債と損失

モバイル事業部の増設費用は、主に社債を通じて調達され、急騰した。 現在、楽天グループの総負債は1兆5000億円を超え、このうち8000億円が2025年末までに返済される予定だ。

楽天は問題のあるモバイル機器のため、13四半期連続営業損失を記録し、その結果、グループ全体の累積損失は8,190億円(55億ドル)に達しました。

モバイル事業部の最悪の四半期は2021年第1四半期で、1,320億円の営業損失を記録しました。 最近の四半期には810億円の損失を記録した。

RAKUTENの募金活動

2021年3月 – 新株および自己株式の売却により2,420億円の利益を得ます。 これには、日本ポストホールディングスの持分8.32%の売却が含まれています。 他の投資家には、中国の技術大企業TencentとWalmartが含まれています。

2022年11月 – 楽天証券持分19.99%をみずほ証券に800億円で売却。

2023年5月 – ウォルマートから株式を購入することに合意した後、3年で日本のスーパーマーケットチェーンSeiyuの株式を220億円に売却しました。

2023年5月 – 楽天CEO「ミッキー」三木宏(Hiroshi “Mickey” Mikitani)が所有する一部企業を含む企業グループへの公募および第三者配分を通じて新株を販売し、2,960億円を調達します。

2023年4月 – 楽天銀行の初公募で718億円を稼ぎ、2018年以降日本最大のIPOを記録しました。 今回の上場で、楽天の持分が63.3%に減少しました。

2023年11月 – 楽天証券の持分29%を水戸証券に870億円に追加売却します。

($1 = 148.32円)

(レポート:Anton Bridge、編集:Edwina Gibbs)

READ  私はこれを購入! :Z 50は良いことだ - デジタルカメラWatch
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours