FAO、日本、農業分野における女性と青年の能力強化

Estimated read time 1 min read

ロゴのダウンロード

国連食糧農業機構(FAO)東部アフリカ所地域事務所(SFE)と日本政府アフリカ連合代表部は、公式に6つの東部地域の農業及び農業関連企業で女性と青年の雇用促進を目指す小地域プロジェクトを開始しました。 アフリカ諸国。

プロジェクト、 東アフリカの農業・農業企業における女性と青年の雇用と起業家精神機会の推進、ブルンジ、エチオピア、ケニア、ルワンダ、南スーダン、ウガンダで実施されています。 女性と青少年に特に重点を置いた農食品システムにおけるデジタルソリューションの改善された知識と応用を促進し保証するために設定されています。 また、人間と制度の能力を強化しながら、農業従事者に農食品システムの開発のための財政にアクセスする機会を提供します。

バーチャルリリースの間、FAO東部アフリカ地域コーディネーターであり、AUおよび国連アフリカ経済委員会(UNECA)の代表であるDavid Phiriは、東アフリカ地域に食料不足が激しい人口の50%が住んでいると回想しました。 したがって、この地域を支援するということは、アフリカ全体を支援することを意味しました。

彼はまた、この地域が砂漠のバッタの群れ、気候による衝撃、紛争、政治的不安定、社会経済的緊張などのいくつかの衝撃のためにストレスを受けていると述べました。 COVID-19感染症は、何百万人もの人々、特に若者と女性の生活を深刻に脅かす追加のリスクをもたらしました。 この問題を軽減するために、FAOは開発パートナーと協力して、農業部門の青年と女性のための質の高い雇用、農業起業家精神と回復力の構築を支援するいくつかの介入に参加しました。

「農業が最も実行可能な部門である雇用を創出することによって、若くて活力に富んだ革新的で勤勉な資源を活用するための新しい方法を模索するように国を支援するこのプロジェクトは、FAOと日本政府の最も時の適切な参加の一つです。 」とフィリは言った。

HORIUCHI Toshihiko ジュアフリカ日本大使は、日本政府が、何百万人もの生計が農業に大きく依存している東アフリカの食料安全保障問題を解決するためにFAOと協力することを喜んでいると主張しました。

堀内大使は「農業と食料安全保障はすべての社会経済的活動の基本的な基盤であるため、今年開催される第8回東京アフリカ開発会議であるTICAD8の最優先議題になるだろう」と強調した。

2022年を栄養の年に指定したAU国家及び政府元首の宣言を思い出しながら」アフリカ大陸の栄養と食料安全保障に対する回復力の構築:人的資本、社会、経済開発の加速HE Horiuchiは、農業革新を通じて農業食品システムを改善するための継続的な努力を促進するための触媒としてのプロジェクトの重要性を強調しました。

「このプロジェクトは、女性が人口の半分を構成し、労働力の40%以上を作物や家畜生産に提供することに気づき、女性と青年に焦点を当てるという点で、この地域と非常に関連しています。 また、この地域は人口のかなりの部分が若く、農食品システムの転換の大きな可能性があるところです。

南スーダンとウガンダの専門家は、プロジェクトの実行に関する初期の経験を発表しながら、新しい技術、デジタルプラットフォーム、技術技術、金融、市場にアプローチし、若い小作農、協同組合、女性グループの間でこれまでに得られた肯定的な結果を繰り返します。改善しました。 彼らのビジネス。 FAOとEAFF(Eastern African Farmers Federation)が支援するイニシアチブであるAyap(African Youth Agribusiness Platform)代表も、国と地域レベルでプロジェクトを実装したAYAPの経験を紹介しながら、プラットフォームが共有に重要な役割を果たしたと述べました。 経験、学習、メンタリング。

FAO(食糧農業機構)に代わってAPO Groupが配布します。

このプレスリリースはAPOによって発行されました。 コンテンツはAfrican Businessの編集チームによって監視されず、コンテンツの内容も編集チーム、証拠リーダー、またはファクトチェッカーによって確認または検証されませんでした。 発行者は、この発表の内容に対して完全な責任を負います。

READ  L&T、JV LTCに対する日本ベースの千代田の全持分をRs 75crに買収
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours