経済

FBCCI、日本に自動車工場の建設を要請

バングラデシュ商工会議所連合会(FBCCI)は、日本の投資家にバングラデシュに自動車産業を設立し、自動車産業を低価格で販売し、膨大な需要を最大限に活用し、最終的に両側に利益になるよう促しました。

FBCCIはこの点で日本側と緊密に協力します。

ジャシムはジェトロの関係者にバングラデシュの人々が日本を愛し、日本の製品、特に自動車のための巨大な需要があると述べた。 バングラデシュのほぼすべての道路や通りに様々な種類の日本の車を見ることができます。 ここで車両工場を建てるのは、日本製品の価格が比較的低いため、日本企業がバングラデシュで膨大な事業ポテンシャルを活用できるため、両国にとって利益になる可能性がある。

FBCCI会長は「バングラデシュは膨大な潜在力を持っている。私たちはもう1兆ドル経済に向かっている。この目標を達成するために国家は政策と戦略的変化を経験している。政府と民間部門が協力している」と言った。 貿易とビジネス条件を改善するため。

また自心はFBCCI創立50周年を迎え、今年3月に開催されるバングラデシュビジネスサミットについて日本代表団に知らせた。

彼はFBCCIが日本側の積極的な参加を期待していると述べた。

FBCCI代表はまた、「バングラデシュの起業家は日本との貿易関係を拡大することに興味を持っています。です」と言いました。

Kazushige Nobutani Jetro社長はFBCCIの設立50周年を祝いました。 バングラデシュビジネスサミットの大成功を祈りました。

彼は「日本とバングラデシュは長い間緊密に協力してきた。

FBCCI副会長のMd Amin Helaly、事務総長、Mohammad Mahfuzul Hoque、Jetro Satoshi Kubota事務総長、その他の代表団のメンバーも会議に出席しました。

READ  日本の第4四半期の設備投資増加、供給支障が見通しを複雑にする

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close