経済

Fidelityは、日本企業の性別多様性目標を設定します。

Fidelity Internationalは株式を保有している日本企業に対して野心的な性の多様性目標を設定して、中間目標と2030年までに理事会、経営陣と従業員のために30%の女性代表を達成することを促します。

フィデリティは、これらの目標に到達していない企業に対して、「指名委員会の委員長や代表取締役の再選に反対することができる」と火曜日のプレスリリースで明らかにした。

さらにすぐにフィデリティは、日本企業に2022年の日本の次の年次株主総会で取締役会での女性の代表を15%以上占めることを促しました。

この会社は、短期目標に到達していない「投資家推薦企業委員会委員長の再選に反対する投票を考慮する」と述べた。

フィデリティ・インターナショナルのポートフォリオマネージャー兼東京に本社を置く井川知弘(Tomohiro Ikawa)は、電子メールで、「私たちは、被投資会社の約半数が取締役会では、女性の代表が15%以上であると推定します。」と言いました。

「私たちは、この比率が、私たちの継続的な参加の結果として、来年に増加すると考えている。「日本市場の規制機関の厳しい上場要件に彼は言った。

性別の多様性の進展のためのキャンペーンの一環として、Fidelityはまた、日本企業に従業員の男女の賃金格差を自主的に計算して公開することを促しました。

Fidelity Internationalスポークスマンは、同社が性別の多様性の国別目標を設定したのは今回が初めてだと言いました。

このような動きは、日本が性別の多様性の面で他の先進国市場の企業に継続遅れているという事実を反映しているとIkawaは言いました。 日本はFidelityが引用した2021年の世界経済フォーラム性別格差レポートで性別の多様性の面で先進国の中で最も低く、全体156カ国のうち120位を占めました。

「私たちは、グローバル投資家としての野心的な目標を設定することにより、これらの変換を加速することを願っています」とIkawaは言いました。

井川さんは後発企業推薦委員会委員長に投票脅威について「指名委員会は、取締役の選出及び解任について理事会に推薦する機関です。性別の多様性を確保するために直接の責任があります。新入選出の強烈な配慮を考えると、私たちのような投資家がこの問題について責任を負うことが適切です。 “

しかし、Fidelityは2022年の目標を達成していない企業の指名委員会の委員長に投票することができると述べたが、長期的かつ包括的目標を達成していない企業の場合、代表取締役(ほとんどの場合、CEO)に投票することができます。 このスポークスマンは、フィデリティが2030年を目標に設定したました。

READ  2020年の実績は、ワクチンが日本企業の間で注意を軽減ながらトリプルダウングレードをアップグレードします

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close