FIFA、104試合記録で2026年ワールドカップ形式承認

1 min read

2026年のFIFAワールドカップは、48チームが参加する拡張形式のため、既存の64試合の代わりに104試合で行われるとサッカーのグローバル管理機構であるFIFAが火曜日ルワンダ・キガリで開かれる大会を控えて明らかにした。

アメリカ、カナダ、メキシコが共同主催する2026年のエディションは、48チームが参加する4年ごとに開催されるトーナメントの最初のエディションになります。 決勝戦は7月19日に行われる。

3人16条提案が最終組別リーグ決託の懸念で無算になった後、新しい形式も4組の抽選に固執する予定だ。 ただし、グループ数は8個から12個に増加します。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  阪神ミス連鎖漫画のような終了敗北/梨田昌孝 - 評論家コラム - 野球コラム:日刊スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours