Final Fantasy 15監督は現在、メタバスで日本のビジネス経済をゲーム化しています。

Estimated read time 1 min read

ファイナルファンタジー15のディレクターであり、元スクエアエニックスのスタッフである田端ハジメは、リュウグコクラというメタバスプロジェクトを進めています。

現在、日本政府デジタルエージェンシーのWeb 3.0アドバイザーであるタバタは「ゲームの力で日本を更新すること」という概念を作り、「ロールプレイングゲームの観点からオープンメタバースインフラ」を作っています。

このプロジェクトは、「DXの需要が急激に増加するにつれて開始されました。 [digital transformation] 企業と政府機関間の仮想ドメインの活用」。

共生ティーザームービーvol.1

これらすべてが実際に何を意味しますか?

本質的に、Ryugukokuは、企業が情報共有、マーケティングなどについて協力するために制御する小規模なメタバスプラットフォームのためのメタバス構造です。

「独特のファンタジーの世界観に基づいて」オンラインRPGの要素を組み込むことを除いて。

各メタバスサービスは、仮想世界を巡る動く城の形をとります。 アートワークでは、Xenobladeのような頭のない天使の形をとります。 ユーザーは「他の地域を旅し、さまざまなコンテンツやサービスに触れながらRPGのような経験をすることになるでしょう」。

メタバスインフラはまた、アイデンティティ、支払い、情報などの安全性と安定性を約束します。 Tabataはまた、このインフラストラクチャを日本以外の企業に提供することによって世界的に拡大することを目指しています。

ユーザーはメタバスを閲覧できる「自動学習アバター」を持ち、Ryugukokuはパーソナライズされた紹介のためにアバターの行動を学びます。 Pegasus World Kitツールは「経験中心システム」を構築するために使用され、「マルチマジックパスポート」は、例えばNFT購入時にユーザーの証明書として機能します。

最終結果は「日本のメタバス経済ゾーン」を拡大することであるので、タブタは本質的にビジネス経済をゲーム化しようとしている。

ファイナルファンタジー15を監督する前に、複数のファイナルファンタジースピンオフを製作して監督していたスクエアエニックスでの作業とは遠い。

2018年、彼はFF15チームの主要メンバーと共にLuminous Productionsを作成しましたが、その年末に辞任しました。 スタジオは引き続きForspokenを制作しましたが、ゲームのリリース後、ゲームの販売不振でSquare Enixに折り畳まれました。

一方、Square Enixに戻り、同社は最近Symbiogenesisプロジェクトの詳細を公開し、新しいティーザー予告編を発売しながらブロックチェーン技術を倍増しています(上記参照)。

READ  このきれいなビーチは、日本の最後のビーチの一つです。 すぐにコンクリートで満たされています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours