Finnair、日本路線をさらに拡大 – Business Traveler

Estimated read time 1 min read

Finnairは、2025年3月末から始まる来年の夏の日程に日本へのフライトを追加する予定です。

ワンワールド航空会社は、東京まで1日2回、羽田空港で1日1回、成田空港で1日1回運行すると発表した。

また、日本でもFinnairは来年の夏ヘルシンキ-名古屋路線を週3回運航に増やす予定です。

航空会社は、Airbus A350-900航空機を通じて2024年5月30日から毎週2回運航し、今夏名古屋へのフライトを再運航する予定です。

名古屋の再開により、フィンエアーの大阪、羽田、成田へのフライトが補完されます。 感染症が発生する前に、この航空会社は福岡にも運航し、札幌まで季節便を運航しました。

これとは別に、Finnairは最近、ノルウェー北部のKirkenesの新しいサービスも発表しました。

2025年夏に開始されるシルケネスへの路線は68人乗りのATR航空機で運航され、ヘルシンキからイヴァロ(Ivalo)を経由して週に3回運航される予定だ。

新しい路線は、フィンランドのラップランドと北部のノルウェーの両方を探索し、シルケネスから出発する有名なフルティグルテンクルーズを体験したいフィンランド人や国際旅行者を満たすことが期待されています。

バルト海地域では、Finnairは2025年夏にタリン、リガ、ビリニュスに就航地を追加する予定です。 タリンとリガには週5回の追加運航が予定されており、ビリニュスには週2回の追加運航が予定されています。

さらに、Finnairはダラスが毎年毎年運航することを確認しました。

finnair.com

READ  米国の清浄大気法(Clean Air Act)に従って閉鎖された石炭発電所が長年汚染を継続する方法
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours