技術

Fitbit Versa 3レビュー:万狙うバランスの良いスマートウォッチ| ギズモ・ジャパン

スマートウォッチだらけ。

世の中にはいろいろな種類のスマートウォッチがありますね。 ギズモ編集部でも、編集者と作家が腕にはめているスマートウォッチで同じモデルは、かけがえのない状態。 持ち越さモデルもそれぞれ推した理由もそれぞれです。

スマートウォッチだらけのこの世界でどのようにすれば、自分に最も適したモデルを見つけることができるだろう?

そのヒントになるようなことが、米国ギズモのVictoria Song記者の体験レビュー。 着用することができる装置を3つも4つのも着ランニングに出てしまうツワモノです。

そのVictoria曰く “FitbitのVersa 3万人を狙う優良モデル!」。

次の詳細なレポートをください。


FitbitのVersaシリーズは、常にスマート時計業界のリーダーとしてひかかってきました。

他のモデルイオンより見た目もいいし、競合他社が出している機種に比べて安くて機能も充実しています。最新のFitbit Versa 3もその安定路線を正しく継承しているが、プレミアム路線の “Fitbit Sense「同時に発売されたもので、二つのFitbitを購入する混乱を招くしまった感じもあります。

Fitbit Versa 3の開始位置は、Apple Watch SEと似ているのかもしれません。 すべてフラッグシップモデルよりも少し軽い仕様ながらも日常的に使用して基本的な機能のほとんどを抑制します

Fitbit Versa 3 Fitbit Payを使用して、手首を対面決済を失うことになることができ、スピーカーとマイクが内蔵されているので、ハンズフリー通話も可能である。 Amazonアレクサを助手として呼び出すことだけでなく、Fitbit OS 5.1のソフトウェアアップデート後に、Googleサポートにも対応しています。 また、以前のVersaモデルにはなかった、GPS機能が内蔵されているのも大きなメリットです。そして、極めつきのバッテリーが最大約6日も持たなければならない。 電池残量が少ない場合でも、12分の充電で一日分の充電が完了します。

Versa 3とSense発売に基づいてFitbitは、両方のモデルに基づいて、直感的なユーザーインターフェイスを新たに導入しました。 同時に心拍数を自動測定する心拍計「Pure Pulse」もバージョン2.0に更新されてSpO2(動脈血酸素飽和度)をモニターするウォッチフェイスが採用されました。 アプリで確認することができ、健康データの見え方にも新しい工夫をしています。

一方、よりプレミアムFitbit Senseは、ストレス管理に役立つ皮膚電気活動(EDA)センサー、米国FDAに承認された心電図(ECG)モニター、手首で測定する皮膚の温度センサーが付いています。

しかし、そのような機能が必要ない・使用していない…という方、おめでとうございます。 あなたはFitbit Versa 3で十分に満足しているわけですよ。

Fitbit Versa 3

これは何:Fibitの4代目Versaモデル。

価格:2万3000円(税別)〜。

好きなところ:バッテリーの寿命が良く、追跡機能も万全。 Googleアシスタントが導入されたうえ、GPSが搭載されている!

好きではないところ:運動中に時折、心拍数の測定が変になる。

プレミアム “Fitbit Sense」でなくてもよい理由

確かに申し上げます。ECGモニターがなくても、通常の人は必要ありません。 概して健康な体に担当医師から心房細動(不整脈の一種)の危険性を知っていない限りは、ECGスマートウォッチを手にする必要がないと思います。 逆に、もし心臓病のリスクを抱えているなら、補助的な監視ツールとして使用することができます(注:Fitbit Senseは、医療機器ではないことを忘れないでください)。

しかし、Fitbit SenseのEDAセンサは、非常に便利かもしれません。ストレス値を測定しようとする試みは、何もFitbit社だけ手を出しているわけではないが、私のテストした結果は、Fitbit Senseストレスマネジメントへのアクセスが最もよくしますしました。 最近ストレスいっぱいの環境でよりいつもネスを改善することを望んでいる場合はFitbit SenseのEDAセンサーは持ち越さです。 逆に、マインドフルネスなどない恥ずかしいちゃない〜する人Senseは必要ありません。

デザイン:Versa 3とSenseを比較してみた

左がFitbit Sense、右がFitbit Versa 3.見て、私はほとんど同じです。
画像:Victoria Song / Gizmodo US

Fitbit SenseとVersa 3は見ただけで違いが分からないくらい似ています。 最も大きな違いは、Senseベゼル部分にECGセンサーが内蔵されているところ。そうはほぼ同じです。

サポートしている充電器も同様です。 前Fitbitモデルは異なる充電器を使わなければならいたので、この改善は嬉しいですね。 もしあなたとあなたの同居人がSenseとVersa 3を購入すると、お互いの充電器を使用して石になります。 そして、Versa 3を使用しており、今後Senseに交換たい場合ももってこいですね。 しかし残念ながらVersa、Versa 2またはVersa Lite EditionでVersa 3に交換した場合には、過去の充電器は、全く役に立たない。

電池寿命:Versa 3とVersaを比較してみた

は、電池の持ちはどうでしょうか? Versa 2とVersa 3に比べてみたところ、あまり変わらない印象なかった。

Versa 3レビューのために2週間着用したが、一度満タン充電で平均5日間継続して使用しました。 「最長6日」と称賛する短いシルガムヌンあったが、超ハードなトレーニングをばかりしGPSを酷使していたので、そのためバッテリーの消耗が早くしたのかもしれません。 GPSのトラッキングを利用したランニングを30分行った場合、バッテリーは平均4〜5%減少したが、ヨガやウェイトトレーニングなどのGPSを使用していない運動であれば、より長くしたものです。

ちなみに、Versa 2に比べてVersa 3の方が若干大きくなっています。 画面サイズは1.39インチで1.58インチサイズで言えば39.8mm四方から40.38mm四方に少し大きくなりました。 厚さも0.35mm割増です。 しかし、着用時に肌感の両方のモデルは、大きな違いなくVersa 3を一日中つけっぱなしていても問題ない着心地でした。

睡眠追跡機能:Versa 3とOura Ringを比較してみた

睡眠追跡機能に関してはVersa 3とOura Ringを比較してみました。 睡眠時間の測定は、ほぼほぼ同じであり、例えば、夜中に猫に起こったときなども適切に記録されていました。 睡眠段階のタイムラインもほぼ同じだったが、必ずしもぴったり一致せず。 まあ、あまり差がなかったけどね。 睡眠中の体温測定は、すべて同じ手に着用すると、一致しました。

画像:Victoria Song / Gizmodo US

GPS精度:Versa 3とApple Watch SEを比較してみた

以下は、GPS機能について。 Versa 3、Apple Watch SEは、スマートフォンからの距離を測定しながら複数回実行した結果、Versa 3の記録1kmあたり約0.1〜0.3km少ない傾向があることを発見した。

例えば、スマートフォンが記録したのは4.81kmであったランは、Fitbit Versa 3で4.50km、Apple Watch SEは4.60kmという結果。 スマートフォンで4.47kmに記録されたランの場合はVersa 3 4.26km、Apple Watch SEは4.39kmでした。 他のランでもほぼ同様のパターンを見ることができました。 長距離と、それほどの差も大きくなって、スマートフォンで5.87kmであったことがVersa 3で5.40km、Apple Watch SEは5.55kmたことも。

この違いはどこから来たか考えてみましたが、まず運動中GPS通信が切断されでかもしれません。 実際Versa 3を着用してランニングしている間GPS通信が途絶え、再接続されたことが何度かありました。 GPS通信が切断される時間も頻度も多くなかったが、これは測定の精度に影響を与えているのかもしれません。 また、偶然にも私は、GPSが届きにくい場所で生活しているので、Versa 3がGPS信号を受信するまでに1分程度かかる場合がありにも影響があるかもしれません。

しかし、一般的に言えば、いくつかのGPS追跡機能を使用していてもなんらかの誤差は必ず生じます。 さらに、Versa 3の誤差は常に一定であったため、その誤差も考慮しておけば、レースに出場するためのトレーニングを重ねている場合でも、走った距離を比較的正確に把握することはできたらと思います。

心拍計:Versa 3とSenseに共通する問題点

Versa 3とSenseは共通点が良いところがたくさんあるのに対し疑問ところも一つあります。それは心拍数を実際より少なく表​​示になります。

心拍計アルゴリズム “Pure Pulse」がバージョン2.0に更新されてからからVersa 3とSenseのどちらを使っても1分あたり50〜10泊程度低く表示される傾向にあります。 驚異的な誤差というわけではない、運動中に「あれ?」と二回見て、集中力が削がはありました。

例えば、ランニング中にVersa 3心拍数は140bpmしかしApple Watch SEとPolar H10(心拍数モニター胸ストラップ)の両方170bpmを表示していることがありました。 数秒後に再びVersa 3のディスプレイを確認してみると、なんと今回はしれと165bpmに…

5bpmの誤差は、家庭である。しかしながら30bpmちょっと変。 また、この現象は、外部から実行しているときにしかなかったインターバルランニング中に最も頻繁に起こりました。

全体的に見るとVersa 3、Apple Watch SEは、Polar H10が測定した心拍数は補助が揃っていました。 筋力トレーニング、ヨガやウォーキング中に誤差はそうしていない。

これについてはFitbitにお問い合わせましたが、まだ回答を得ていません。 もしかしたら今後OSのアップデートで改善されていくのバグかもしれませんが、それまでのインターバルトレーニングとHIIT(高強度インターバルトレーニング)が好きな人は覚えておかなければならない。

新機能:Googleヘルパーきた!

画像:Victoria Song / Gizmodo US

Versa 3に新たに追加されたGoogleのサポートはかなり素晴らしいです。 Amazonアレクサ家でたまに使用しているが、個人的には、Googleヘルパー持ち越さのでVersa 3を介して、スマートされた家の電気をつけているのはすごくいい! Googleやアレクサを選択することができているのもいいですね。 Versa 3には、スピーカーが内蔵されているので、アレクサ音声応答を聞くことができますが、残念ながら、Googleアシスタントとまだこの機能を使用することができません。

また、Versa 3の新機能Bluetooth接続でスマートフォンと接続通話を行うことができようになりまし。 調理するときなど、スマートフォンをハンズフリーで使用したいときに非常に便利です。 しかし、Versa 3自体は携帯電話の機能を提供していないので、アレクサと連携したり、通話するときは、近くにスマートフォンを置いてあります。

率直に言って購入する?

Versa 3価格2万3000円。 Versa 2より少し高いくらいです。 上がったのは、FitBit Payが基本されたことも一因でしょう?

しかし、もしFitbit Pay、内蔵GPS、Googleアシスタント機能が必要ない場合は、わざわざVersa 2で買い替える必要はないかもしれません。 Versa 2が発売されてからまだ一年しか経っていないんです!

READ  長方形の表示:視覚障害者の日本のテンジブロック包装ガイド

または他の1万円乗せまでFitbit Senseを購入するか? 点はECG(心電図)機能が必要かどうかとマインドフルネスは、あなたに重要なかどうかにかかっています。

一度Senseに搭載されているECG機能について説明しておくと、皮膚電気活動のグラフでストレス状態を数値化してくれますが、ストレス値が大変なことになったとしても、アラームでお知らせジュゴナウンません。 むしろ「今、私の感情のパターンは、このようなものとなっており、それについてどのように感じているかをログして、自分の感情パターンについてよりよく理解することができ」のような機能です。個人的にはこの方法が本当に好きのにすべての人にそうだとはできありません。だから、Senseがすべての人に良い選択ではありません。

「Fitbit Premium」は、活用する必要が

画像:Victoria Song / Gizmodo US

もう一つ、Fitbitプレミアムについて少し見てみようね。

Fitbit Premiumという有料サービスに加入すると、呼吸数・体温・心拍変動することができなど、すべての健康データにアクセスすることができます。 そのほかにもガイドが案内するプログラム瞑想のセッション睡眠データも使用できるように「Premium Challenges」で目標設定をすることができます。

ポイントは、大変お勧めのサービスですが、通常であれば月額1,100円または年間8,900円かかります。 ところがFitbit Senseを購入すると、6ヶ月間無料で利用することができますよね。 Versa 3を買って、新しいユーザーであれば、90日間の無料試用版を得ることができますが、このように比較するとSenseの方が得感があります。 まあプレミアムサービスに入らなくても、基本的な健康データは、無料アプリで確認することができますので、心拍数の変化数や呼吸数には興味がない方は、必要がないのですが。

Fitbitユーザーコミュニティとの接続

Fitbit Versa 3と同様の機能を搭載した安価なスマートウォーが多く出回っている中で、あえてFitbitスマート時計を選択する理由は、Fitbit Premiumとそれを使用するユーザーのコミュニティとの接点が必要なため、です。 もし友達同士スマートフォンアプリでの教育の成果を競い合ってお互い動機を上げたりしたい場合(コロナ災害は、以前よりも重要かも)Versa 3もってこいだと思います。

「Amazfit Bip S」と1万円程度のスマートウォッチがありますが、安い割には、日常の便利な機能を適切に備えて、なかなか良いです。 しかし、Amazfitアプリで接続されている友人は、早目になく、元のアプリケーション自体がまだ荒削り。 次に、Versa 3を購入すると、Fitbitコミュニティに参加したほうがいいんじゃないかと思ったりします。

Versa 3 Versa 2より進化していることは間違いありません。 しかし、その進化の程度が期待ほど大きくなかったのが正直な感想です。 さらに言えば、Versa 3 Versa 2の様子でした

しかし、Versa 3手ごろな価格スマウォーの領域から脱してプレミアムフラッグシップモデルの一歩手前で安定路線ヒーター走るモデルです。 Fitbit Senseほど野心的ではないが、今のFitbitスマート時計の中で最も「センス」のモデルと言えるのがないでしょうか。

まとめ

・Series 6におけるApple Watch SE、Fitbit SenseにおけるFitbit Versa 3。

・内蔵GPS機能、Fitbit Pay内蔵スピーカー&マイク、Bluetooth接続を介して携帯電話の機能とGoogle助手。

デザイン的には、過去のVersaモデルとSenseとの大きな違いはありません。

マインドフルネスと心電図なしていると考えている人以外はVersa 3で満足することができないだろうか。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close