エンターテインメント

Flashムービー全盛期を回想クラフトボスWebCMが今日公開。 「ペリー」こと宮崎吐夢さんが、将来のクリエイターに声援を送って

このCMは、2020年12月末に予定されているAdobe Flashサポート終了を受けて製作されたものでもので、

全盛期だった頃を振り返る内容となっている。 ナレーションを務めるのは、

など、様々な有名Flashムービーが登場し、特にインターネットのキャリアは長い読者はかなりちりばめられたものに仕上がっている。 まあ、少し “クリーンインターネット」感がなくてもありませんが……当時を知る古参4Gamer読者はぜひチェックしてみてはどうだろう。 一見の価値はあるだろう。

最終的に迫るFlashサポート終了をきっかけに、「河野レゴ」に「ギコ猫」、「カナヘイ」まで!?
懐かしいインターネットを見て回る「クラフトボス “WEB動画
「Flash Back Memories」
12月10日(木)から公開

サントリー食品インターナショナル(株)は、「クラフトボス」のブランドで「Adobe Flash」の歴史を取り上げ、元WEB動画」Flash Back Memories」を
12月10日(木)から公開します。

「Flash Back Memories “WEB動画のURL
http://suntory.jp/29935/

2017年に誕生した「クラフトボス」シリーズは、後味の苦味とジョブ味がないすっきりとした味わいが特徴です。 時間をかけてゆっくりコーヒーを楽しむ新しいスタイルの提案が好評いただき、IT企業を中心とした新たなワークスタイルで働く人々から多くの支持を受けてきました。 発売4年目を迎えた今では、様々な飲用シーンで楽しくなるよう、多くのお客様に飲んでいます。
今回そんなコーヒーの “新しい”スタイルを提案してきた「クラフトボス “が”新しい “を作ってきたFlash文化を振り返り、これからのクリエイターの次の”新しい “創作をスライドさせてたいという思いから、元のWEB動画を制作しました。
鑑賞したビデオは、2020年12月末Flashのサービス終了を受けFlashクリエイターに感謝とFlashと育った大人の応援が概念があります。 ナレーションは「フェリー」の声でおなじみの俳優宮崎吐夢氏を迎え、主人公のクリエイターの過去を振り返っていきます。 試験や大学生活など主人公の成長過程に常にFlashが「モナ – 」や「ギコ猫」、「志位」など懐かしいアスキーアートその他」河野レゴ」や「カナヘイ」、「CATMAN」など、時代を彩ったコンテンツが主人公を励ますます。 一度見たことがあるコンテンツを欠場し、最後には「次の「新しい」を生み出すしよう」と、陽気に仕上げています。

■WEB動画の概要

タイトル:「CRAFT BOSS Flash Back Memories “
・公開日:2020年12月10日(木)
・URL:http://suntory.jp/29935/

■元WEB動画のストーリー

主人公は、1988年生まれの32歳の男性。 クリエイターとして働く主人公は、Flashで作られたコンテンツとインターネットとの青春をかけてきた。
映像は、主人公が中学生だった2002年から2006年には、2009年に、2011年とFlash文化の隆盛とともに、過去を振り返っていく。
そして2020年、プロの発信者にインターネットを活用する主人公は、かつてFlashコンテンツに夢中になった自分のように誰かを熱くさせるものを作りたいと思っても、「普通の成人」と言っても、自分は自分の仕事を熱心にしようと決心する。PCに向かい合っ主人公の手には、工芸ボスがあった。

■元のWEB動画カット

■動画で使用されているFlash材料抜粋

画像集#002サムネイル/ Flashムービーの全盛期を回想クラフトボスWebCMが今日公開。

河野レゴ

画像集#007サムネイル/ Flashムービーの全盛期を回想クラフトボスWebCMが今日公開。

ペア瑠璃総督

画像集#001サムネイル/ Flashムービーの全盛期を回想クラフトボスWebCMが今日公開。

CATMAN

画像集#004サムネイル/ Flashムービーの全盛期を回想クラフトボスWebCMが今日公開。

人生オワタの大冒険

■ナレータープロフィール

画像集#006サムネイル/ Flashムービーの全盛期を回想クラフトボスWebCMが今日公開。

宮崎吐夢(宮崎トム)
1992年の舞台「冬の肌」より大人計画に参加する。極端公演に出演するほか、外部公演に出演したり、直接イベントライブの企画・演出する。またCD・DVD発売とドラマ脚本・小説・コラムを書くなど、様々な分野で旺盛な活動。98年に発表した動画作品「ペリーのお願い」は根強い人気作品だ。 “ああエコノミーあ」や「戦隊ヒーローすき焼きフォース」シリーズに、ZIP!」「GoodMorning!DORONJO」などナレーターと声優としても多くの作品で活躍している。 19年の映画「ナギ待機」で主人公の友人の “鍋さん」役を好演大きなインパクトを残した。

■演出へのこだわり

主人公と同様に、Flash世代の従業員が集まって企画・演出たっぷり当時の思い出やな材料を入れて製作しました。 主人公の中学校・高等学校のPCやデスク小物も美術スタッフの当時の私物が提起されて中学校OSはWindows98またはWindowsXPまたはなど徹底討論。 また、インターネットを接続するための時間も「テレ号ダイタイム」と23時以降、または2チャンネルで紹介されたURLは、先頭の「h」がない、BGM音楽も過去のWindowsの起動音とクリック音などを使用するなど、細かい設定まで付いて製作しました。
また、様々な過去のコンテンツとメディアを登場させる当時のクリエイターの皆さんとさまざまな媒体から多くの権限をすることができ、本当の歴史」を描くことができました。

■特設サイトについて

「Flash Back Memories」の特設サイトでは、当時のWEBサイトの要素を入れてある懐かしいデザインになっています。
・URL:https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/flash

■Special Thanks

今回の映画を製作するにあたり、ご協力いただいた方々です。


宮崎吐夢(ナレーター/フェリー/その他)
ポケット酸(河野レゴ)
青池良輔(CATMAN)
カナヘイ
河合ケプ
キング(人生オワタの大冒険)
Satoo(糸通し)
辛いソフト(糸通し)
燦鳥奴
新しい幅(河野レゴ)
高木敏光(CRIMSON ROOM)
竹原稔(なつみSTEP)
Nae(ハクシャクノテンシ)
古屋雄作(穏やかな上司を怒らせ方法)
ミズノ敬也(穏やかな上司を怒らせ方法)
見て〜私(Nightmare City)

<인터넷 문화에 관한 유식 자 여러분>
イケ隼人
自動車SP
下田テチュヤ
トトロ大島。
中川淳一郎
森雄二
宮原俊介
ヨトピ


@nifty
Instagram
CROOZ Blog
サムライ
前略プロフィール
Twitter
TikTok
ニコニコ動画
ねとらぼ
Note
Vine
pixiv
Facebook
ボケと
私の見た秩序。
Microsoft
mixi
YouTube

■「クラフトボス」シリーズの

2017年に発売を開始したペットボトルコーヒー、紅茶飲料です。 すっきり飲み続けやすい味と洗練されたパッケージデザインは、これまでの缶コーヒーに慣れてなかった若い女性を含めた幅広い世代のお客様に好評をいただいています。

画像集#005サムネイル/ Flashムービーの全盛期を回想クラフトボスWebCMが今日公開。

▼「クラフトボス」のホームページ
http://suntory.jp/craftboss


■映像で使用されるFlash材料

(1)河野レゴ(2001)
2001年に公開された「吉野家」が話題を呼び、シリーズ化されているFlashブームの火付け役となったFlashアニメーション。
ポ山氏が制作し、現在までに12個のシリーズが発表されている。
日本でFlashアニメーションが一般的に認識されるきっかけとなった最も初期の作品の一つで、2006年に開かれた日本のメディア芸術100選にも選ばれている。

(2)フェリーのお願い(2001年〜2002年)
黒船来航に精通しているフェリー総督が「国してくださいうわ〜」と近づいてきて、または、様々な状況でのユニークな代謝ドライバをリリースするFlashムービー。 その声は雑誌「TECH Win」の付録CD-ROMに収録されていた宮崎吐夢の材料曲「フェリーお願い」で。
独特の演技が材料素材が様々な二次創作が作られていった。

(3)クリムゾンルーム(2004年)
高木敏光氏が一人で開発して5億アクセスを記録したFlashのバージョン密室脱出ゲーム。
最近大ブームを起こしたリアル脱出ゲームの元祖と呼ばれる作品。

(4)ハクシャークノテンシ(2004)
俳優・武藤夜明け氏が執筆してPixivに公開された元の小説を原作にしたFlashアニメーション。 サイト「N-GRAVITY」の管理者nae氏によって2004年12月に公開された。

(5)CATMAN(2002年)
現在アニメーターとして活躍する青池良輔のデビュー作。
猫の擬人化キャラクターが街を前後に行く、その洗練された素敵な映像が大きな話題となった。
軽快なスカ音楽が全編を通して効果があり、2002年の最高のミュージッククリップ、今年もノミネートされている。

(6)胸点の歌(2004)
ペリーのお願いで一世を風靡した宮崎吐夢の次期ヒット作。
マザーグースTen Little Indiansのメロディに乗せて、教員風の男が女性の胸に延々と語っていく。
「女性を胸で判断するのはよくない」は、青少年に大切な学びを与えた作品。

(7)なつみSTEP(2003)
竹原稔氏制作のかわいい絵柄を展開温かいFlashアニメーション。
…と思いきや、実はそれぞれのシーンをよく見ると、全く別の意味を持つ恐ろしい作品。
繰り返し見たくなる特殊効果で大きな話題になった。

(8)楽しい国語(2002)
Flash黄金時代の代表作の一つ。 八頭身のモナ先生が生徒のモナ群国語の問題を出題するFlashアニメーション。 著者不詳。
斜めの発想で繰り出される答えは、まるでダイキリように今見ても面白いものばかり。

(9)糸通し(2005)
無料のモバイルアプリ開発者であるsatoo氏が制作した携帯電話向けのFlashゲーム。 決定キーを操作しながら、プレイヤーは糸を小さな針の穴にひたすら通って行く。
当時中高生に爆発的に流行シリーズ化されるほどの人気。

(10)人生オワタの大冒険(2006)
2000年代半ばに流行した最も有名なFlashゲーム作品。
水害に向かうオワタ群をキーボードで操作するアクションゲームですが、その残りの難易度の高さに「死んゲーム」「鬼畜ゲーム」で有名である。
メーカーの王は、Flashサポート終了のお知らせを受けて、2020年8月に「人生オワタの大冒険2」を公開した。
令和最初で最後Flashゲームで話題になった。

■Flash年表

1999年〜2000年:フラッシュ人気の前夜
1999年Flash4が登場Flashは、動画の形で知名度を上げ始める。
サイズが比較的軽いベクトル画像を使用することができているという特性とmp3をBGMとして使用できるようにすることで、簡単に作成動画作成ツールでFlash重宝されていくのである。
当時はインターネット回線も遅くサイトのサーバーの容量も小さかったので、大容量のMPEGに代替映像メディアの主役で一気に表舞台に上がった。

2001年〜2002年:初期のフラッシュ黄金期
21世紀に入って2ch大きな盛り上がりを見せてはじめFlashムービーが頻繁紹介される。
「Hatten」や「河野レゴ」と黎明期の名作が生まれた2002年1月に2chに建てられた「FLASH・動画板」で一気にFlashムービーが大流行していく。 2chで流行したフレーズや2chの関連事件などは、すぐにFlash化されていった。

※当時の主なFlash作品
(2001)Hatten /河野レゴ/モナ/ギコ猫/志位/首オーラに運転/小小系列
(2002)埼玉/楽しい国語/フェリーシリーズ/千葉市社/ CATMAN /宗男ハウス/ 2ch閉鎖の危機騒動/ 2ch湘南ゴミ拾いOFF /ルパンIII世風タイトルメーカー

2003〜2005:後期フラッシュ黄金期
2chで紅白フラッシュ戦闘が行われ、有名なクリエイターがFlash製作に参加するなど、深いインターネット文化に不慣れな人にまでFlashムービーが広め。 動画やアニメーションだけでなく、Flashゲームを作るクリエイターも増えていった。 また、最近では、海外の歌幻聴動画が大流行。 「愛のマイアヒ」は、インターネットの世界を飛び越え、CDが80万枚以上の売れるヒット曲。
音楽界の動画が増加するので、著作権の問題も深刻化。 JASRACの管理曲を使用していることが原因で動画が削除される頻度も高くなり、近くを牽引したベテラン層が動画制作からの距離を置くようになっていく。
衰退の決定打となったのは、2006年に登場したYouTubeやニコニコ動画。 容量・転送量の限界がないプラットフォームの出現では、Flashアニメーションは、その立場を奪われて、その黄金期は止まった。

※当時の主なFlash作品
(2003)お母さんが死んだ/か嫌いだ!ゴニャ
(2004)CRIMSON ROOM /ノーマ猫(マイアヒ)/胸点の歌/ハクシャークノテンシ
(2005)もありますこと/うまウマウマ(˚∀˚)/ピーポー君の歌/人生オワタの大冒険/糸通し

READ  Georgia Firm Bay PointはKevin Bacon Starrer「One Way」を通じて、現地生産のための資金調達を拡大します。 Stateを「Hollywood East」と呼びます。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close